WEBマーケターのスキルアップと資格取得

WEBマーケティングが企業の重要課題となる現代では、WEBマーケティングの担当者を置く企業が増えています。クライアントの要望を叶えるための知識はもちろんのこと、トレンドの移り変わりが早いWEBマーケティングにおいて、最新の知識やスキルを揃えたWEBマーケターの存在は、クライアントの信頼感や安心感の獲得につながります。

今回は、WEBマーケターはどのようにスキルアップを目指すべきかと、資格の取得は役に立つかについて考えてみたいと思います。

WEBマーケターの役割と求められるスキル

WEBマーケターの役割は、企業の事業内容によって異なるため一概には「何をする」と言う事は難しいですが、一般的には、WEB上での消費者との継続的なコミュニケーションや、広告施策によるプロモーション、ネット上での商品・サービスの売買などを担当することが多いでしょう。

インターネットが広まった初期において、WEBマーケターの役割のほとんどは、リスティングの運用であったように思います。しかし現在、インターネット広告の形式は多様化し、コンテンツマーケティングの重要性も高まる中、WEBマーケターの役割は広くなりました。

それでは、何をもってWEBマーケターとして「スキルがある」と言えるのでしょうか。転職業界でもそのスキルを図ることは難しいとされており、具体的な体験をヒアリングする必要があるようです。

では、そのように日々変化するWEBの世界で、企業ごとに異なるWEBマーケターの役割の中で、どのようにスキルアップを図り、キャリアを築いていけばよいのでしょうか。資格取得について考えてみましょう。

WEBマーケティングに関連する資格の取得は、WEBマーケターの能力の裏付けになる

まず、結論から言うと、WEBマーケターに資格は必要ありません。前述のように、変化が早く、企業ごとに異なる役割であるWEBマーケターを何かの資格でスキルを図ることは難しいからです。具体的な体験ベースのエピソードをしっかりと伝える事ができ、実際の現場でいかすことができるかが最も重要です。求められる知識やスキル、そして経験を十分に持っているのかの方が重視されるでしょう。

それでも、WEBマーケターがどれほど「知識」を持っているか、WEBマーケティングに関連する資格は一つの判断材料にはなります。WEBマーケティングに関連する資格を持っていれば、その働きの裏付けとなります。WEBマーケターにとって、WEBマーケティングに関連する資格を持つことは、周囲の信頼を獲得する手段となるかもしれません。実際にWEBマーケティングに役立つ資格には様々なものがあり、有効活用することで発言や提案の説得力が増します。

それでは、WEBマーケティングの基礎を支えることができる資格をいくつか紹介したいと思います。

・マーケティング・ビジネス実務検定®
マーケティング・ビジネス実務検定®は、国際実務マーケティング協会®が主催する検定で、マーケティングに関する幅広い知識と、それを活用できる実務知識を有しているかが問われます。A・B・C級の3段階に分かれており、A級はマーケティングの戦略立案や意思決定、管理や判断業務が行える「マーケティング・戦略/マネジメントレベル」、B級は業務の運営ができる「マーケティング・オペレーション応用レベル」、C級は定型業務ができる「マーケティング・オペレーション基礎レベル」とされています。A級の試験は準備中ですが、B・C級の試験は年3回実施されています。

・ネットマーケティング検定
ネットマーケティング検定とは、サーティファイWEB利用・技術認定委員会が主催する検定で、「ファシリテート能力」「WEBに関する知識や技術」「ネットマーケティングに関する知識」「経営戦略と連動したWEBブランディング能力」が問われます。
インターネット・マーケティング全般の基本知識や方法論など、どのレベルで保有しているのかを測定することができます。

・IMA(Internet Marketing Analyst)検定
IMA検定は、クラウドマネージメント協会が主催する、現場で求められるインターネット・マーケティング全般の知識を問う「実務主義検定」です。「Standard」と「Professional」の2つのコースがあり、前者はサイト分析やリスティング広告の実践運用スキルを身につけるもので、後者はターゲット別の集客プランの立案とスプリットラン実施のためのノウハウを身につけるものとなっています。

・ウェブ解析士
ウェブ解析士は、一般社団法人ウェブ解析士協会が主催する、WEBマーケティングの成果につながるWEB解析ができる人材を育成するための認定資格です。「ウェブ解析士」「上級ウェブ解析士」「ウェブ解析士マスター」の3段階に分かれています。WEB関連の業務の遂行や効率化から、コンサルティング業務や提案スキルの向上、最終的には自らWEB解析の教育ができる人材の育成を目指した資格です。

・Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
Googleアナリティクス個人認定資格は、Googleが主催する、自社のアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」の習熟度を認定する資格です。WEBマーケティングを進める上で、今やGoogleの存在は外せません。自社のWEBマーケティングの効果をはかる上で、Googleアナリティクスの有効活用は必須のスキルといえるでしょう。資格は18カ月で自動的に失効するため、その度に再取得する必要があります。これが逆に、最新のトレンドを追えている証にもなるのです。

他にも、統計検定やGoogle AdWords認定資格、Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定などの資格があります。
すべての資格を取る必要はありませんが、自らの立場に合わせた資格を持つことで、自らの発言や提案内容に説得力が増すのはいうまでもありません。

資格試験の勉強をすることはキャリアアップになりうる

WEBマーケターに求められるのは、あくまで実務能力です。資格を取ることに躍起になって、実務経験が少ないままでは意味がありません。資格は、もしもの時に自身の能力を裏付けるためのもの、ぐらいの感覚でいた方がよいかもしれません。

しかし、自身のキャリアに合わせて資格を取ることは自分のためにもなることです。仕事を長く続けているうちに忘れがちになる基礎知識を見直したり、資格のための試験勉強で最新の知識や技術をキャッチアップしたりすることで、視野が広がることもあります。

WEBマーケティングに関連する資格自体、知識や能力、キャリアに合わせて段階的に分かれているものが多いので、キャリアアップのために自身の将来をイメージして前もって資格の勉強をするのも一つの手かもしれません。