Twitter運用には「ツール」

マーケティングのためSNSを活用する企業も多いことでしょう。FacebookやTwitter、Instagramなどの様々なサービスがあり、その時々でトレンドの移り変わりもありますが、中でも比較的「匿名性」の高いTwitterに日本では根強い人気があります。

今回は、Twitterアカウントを運営するマーケティング担当者に向けて、Twitterの特性と、運用を効果的に行うための強い味方となる「ツール」について紹介します。

独自の世界観を理解し利用しなければ逆効果にもなりうる

Twitterとは、「ツイート」と呼ばれる140文字以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できるSNS。スマートフォンやタブレット端末の台頭で、時や場所を選ばずインターネットにアクセスできるようになった現在、幅広い年齢層のユーザーを集めています。

特に、Twitterは海外と比べ日本では普及率が高く、「匿名性の高さ」「140文字という文字数制限」「共感でつながる集団という安心感」の影響が大きいと分析されているようです。

Twitterにおける共感と安心感は、企業のマーケティングにとっても有益なものです。Twitterをうまく活用することで、自社の存在を身近に感じてもらい、ブランドの認知や向上につなげることができます。

また、「リツイート」という機能で、ツイートを簡単に素早く拡散できるのもTwitterの特徴です。一般的にマーケティングでは、ブランドの周知には時間がかかるものとして捉えられています。それに対して、Twitterは、その爆発的な拡散力でブランドの周知を加速できる優秀なマーケティングツールなのです。

しかし、その距離の近さからTwitter上には独特の世界観が構成されており、それを乱すような行いは「炎上」という形でユーザーから激しい突き上げを受けます。企業のツイートが一旦「炎上」してしまうと、その拡散力の高さから企業の対応が後手に回ることも多く、マーケティングどころか企業のイメージを損なう場合もあります。

Twitterは、ユーザーをファン化させるという点では非常に有益なものの、その扱いには慎重を要するマーケティングツールでもあるのです。

どのような目的で運用するにせよ、コミュニケーションが前提にあることを忘れないことが肝心

企業がTwitterを運用する場合、その目的は大きく3つに分けられます。「商品の宣伝や販促」「ユーザーとのコミュニケーション」「カスタマーサポート」の3つです。

まず、「商品の宣伝や販促」ですが、自社の商品やサービスの特徴や魅力をツイートすることで、ユーザーへの認知度を上げ、ブランド向上へとつなげています。いわゆる、プロモーションツイートと呼ばれるものです。しかし、関係性を重視するTwitter上で、露骨なプロモーションツイートを繰り返すことはユーザーの反感を買うことも多く、「ミュート」や「ブロック」という機能で情報を遮断されてしまうケースもよく見かけます。宣伝や販促を行うことが悪いわけではなく、節度を守ってバランスよくツイートしていくことが重要なのです。

次に、「ユーザーとのコミュニケーション」ですが、ユーザーや顧客の中で自社のイメージが固まっている企業が行っているケースが多いようです。ユーザーと直接触れ合う中で人間味を感じさせることにより、「お堅い企業」のイメージを払拭することができます。時にゆるいツイートを行い、意外な一面を見せることで、これまでは接点のなかったユーザー層にも興味を持ってもらい、自社ブランドの周知を図ることができます。ただし、うまくいくかは担当者個人の能力に左右される部分も大きく、必ずしも一定の効果が得られるというわけではありません。

最後に、「カスタマーサポート」ですが、ユーザーの問い合わせに個別に対応していくケースです。ユーザーをしっかりとサポートできる専任の担当者が必要となり、一つひとつのツイートに返信していく手間もかかりますが、その対応は有益な情報として拡散されていくので、結果的に企業全体としての手間は省かれる可能性もあります。
また、対応のスピードや丁寧さは多くのユーザーの目に触れることになるため、うまく運用できれば企業のイメージアップにもつながります。

近年は担当者自らが検索をかけ、積極的にユーザーの悩みや課題を解決していく企業も増えているようです。
これらの目的はどれか一つに絞り込む必要はなく、その時々に合わせて使い分けていくことが重要です。Twitterはあくまでコミュニケーションツールであるということを忘れずに、ユーザーとの関係性を深めていくことがマーケティングの成果につながるのです。

Twitter運用の担当者必見!便利ツール

さて、ここまでTwitterのマーケティングにおける有益性を説明してきましたが、当然一人でも多くのユーザーにツイートを見てもらえなければ意味がありません。

そこで、ここからは企業のTwitter運用を大きく助けるツールを紹介していきたいと思います。

Twitterアナリティクス

Twitterが提供している公式ツールで、投稿したツイートのパフォーマンス変動を知ることができます。ツイートの閲覧数や、リツイート・いいね・クリックなどのツイートに対するアクション数、プロフィールへのアクセス数などを確認できるため、自社のツイートがどれほどの影響力を持っているかを把握することができます。

フォロワーが伸びないことに悩む場合は、どのようなツイートが多くの閲覧数を集めているのかを分析することで、自社のTwitterに何が求められているのかを知る手立てとなります。

Tweriod

Tweriodは、自社のフォロワーのアクティブな時間帯を調査できるツールです。週末・日曜日・月曜日・平日のフォロワーの活動を1時間単位でグラフ化することができるので、自社のツイートタイミングとフォロワーの活動しやすい時間帯を比較することができます。自社のツイートへの最も反応がよい時間帯を分析することで、適切なツイートタイミングを見極めることができます。できるだけ多くのユーザーがTwitterを見ている時間を狙ってツイートすることで、効率的にTwitterを運用していくことができます。

https://www.tweriod.com/

TweetReach

ハッシュタグは、共通の話題に興味を持つユーザーの目に触れやすくなる効果があります。自社のツイートをより多くのユーザーに見てもらうために、必須のテクニックなのですが、Twitterには独特の言い回しもあるため、ただハッシュタグをつけるだけでは効果を得られない場合もあります。

TweetReachは、そういったハッシュタグを分析できるツールで、特定のハッシュタグが使われたツイート数や、自社のTwitterが使用した場合にどのくらいのユーザーに届くのかの想定数を確認することができます。人気のあるハッシュタグを使用すれば、多くのユーザーの目に触れる可能性がありますが、同時にライバルも多く、自社のツイートが埋もれてしまう可能性もあるのを認識しておく必要があります。

https://tweetreach.com/

whotwi

whotwiは、Twitter IDを入力するだけで、アカウントに関する様々なデータを分析することができます。特定のアカウントに関するフォローフォロワー数の比率や、ツイートのうち返信が占める割合、ツイートによく使われているキーワードなどを確認することができます。

競合他社がTwitterをどのように使っているのかを分析することで、差別化を図る糸口が見えてくるかもしれません。当然、すでに成功しているTwitterであれば、学ぶべき点は多いでしょう。

https://ja.whotwi.com/

SocialDog

SocialDogは、Twitterのフォロワー獲得や運用を効率化できるツールで、利用状況分析や予約投稿など、フォロワーを効率的に増やしていくのに役立つ機能が揃っています。特に、フォロー管理の機能は使いやすく、相互フォローになっていないユーザーをリストアップできる他、有料会員には自動フォロー機能も用意されています。

増え続けるフォロワーを手動で管理していては手間も時間もとられ、実際にツイートする余裕がなくなってしまいます。省ける手間は省き、ユーザーと向き合う時間を増やすことが、Twitterをうまく運用していくコツとなります。

https://social-dog.net/

ついっぷるトレンド

ついっぷるトレンドは、Twitter上で話題のワードやツイート、画像などをランキング形式で確認できるサービスです。Twitterはリアルタイムでのコミュニケーションの場なので、ユーザーの注目を集めるためには旬な話題も必要となります。

ついっぷるトレンドでは、ワードの盛り上がりの変動を時間帯グラフで確認することができるため、今何が話題となっているかを一目で知ることができます。また、トレンドワードを利用したものの、Twitter上の盛り上がりはすでに過ぎ去った後で、空振りに終わるということも減らすことができます。

旬な話題に乗ることは、一気にユーザーの注目を集めるきっかけともなるため、このようなサービスも有効活用していく必要があります。

https://tr.twipple.jp/

まとめ

Twitterには手間を省けるツールも多く、これらを活用してコミュニケーションに集中することが重要
Twitterは相手を身近に感じることのできるコミュニケーションツールなので、うまく活用すればマーケティングの幅が広がります。特に、Twitterを介して得られるユーザーの共感や安心感は、自社のブランディングを大きく向上させるものとなるでしょう。

しかし、一方で、その近すぎる距離感からユーザーの反感も買いやすく、運用には慎重を期す必要があります。幸い、Twitterには運用に役立つツールが色々と揃っています。ユーザーとのコミュニケーションに少しでも多くの時間を割くために、これらのツールを有効活用して、省ける手間は省いていくことが重要でしょう。