SWOT分析とは

マーケティングを行う上で、現状の分析が重要なことは言うまでもありません。近年は、事業戦略の分析に様々なフレームワークが使われています。「SWOT分析」や「PEST分析」、「3C分析」などが、それに当たります。
これらのフレームワークを使う理由は、物事を素早く正確に把握するためですが、フレームワークを使用することが当たり前のことになりすぎて、自社に関連する事象をただ当てはめるだけになっているケースもあるようです。
そこで、今回は、SWOT分析を行う意義とその活かし方について考えてみたいと思います。

現状を把握することで、市場や事業環境の変化を読み取り、将来の事業戦略に活かす

「SWOT分析」とは、競合他社や法律、市場の動向といった自社を取り巻く外部環境と、自社の資産やブランド力、自社の商品やサービスの価格や品質といった内部環境を、プラス面とマイナス面に分けて分析することです。
事業方針の決定やマーケティング戦略の策定に利用されることが主で、現状の把握から市場や事業環境の変化を読み取ることができるため、将来に渡り役立つ分析として多くの企業で行われています。

ちなみに、「SWOT」とは「強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、機会(Opportunities)、脅威(Threats)」といった4要素の頭文字をとったものです。

「強み」「弱み」「機会」「脅威」の4つの要素を組み合わせて、多角的に分析することが重要

SWOT分析は事実に基づく分析となるため、分析の目的を明確にしておく必要があります。
次に、分析する対象や目標、顧客の属性や競合となる企業など、前提となる条件を具体的に決めて、分析を行うメンバーでイメージを共有しておきましょう。これらの要素が曖昧なまま分析を進めてしまうと、ただの事実の羅列になってしまうため、分析の効果を得ることができません。

また、同じ社内でも部署が変われば現状の認識も変わります。課題を満遍なく洗い出すためには、様々な視点を持った人間でメンバーを構成することが重要です。

SWOT分析では、様々な「変化」を読み解くことがポイントになります。そのため、事業やマーケティングに大きな変化をもたらす可能性のある外部環境から分析を始めるのがよいでしょう。

「市場や顧客、自社を取り巻く環境に何か変化はないのか」「変化があるとすれば、どのようなもので、どのような影響を与えるのか」「その変化に対し他社はどのように対応するのか、自社はそれに追従すべきか」といったように、自然と自社内の体制や取り組みに目が向き、内部環境の分析へと導くことができます。

「強み」「弱み」「機会」「脅威」の4要素の把握が終わってからが、SWOT分析の本番です。
今度はこれらの4要素を組み合わせて、分析していきます。

「強み」×「機会」

自社の強みと自社を取り巻く環境に訪れたチャンスを組み合わせることで、市場に積極的に打って出る戦略を練ることができます。自社に追い風が吹いている状態なので、販促キャンペーンなど周知を図る戦略を立てるのに役立つでしょう。

「強み」×「脅威」

競合他社により、自社の強みが脅かされている状況を把握することができます。放置すれば事業に悪影響を与え兼ねませんが、他社が進出することで市場の盛り上がりも期待できるため、それを逆手にとって、自社の優位性を強く示すことで、差別化を図れる可能性もあります。

「弱み」×「機会」

市場的にチャンスが来ているものの、自社の弱い部分が影響して、うまく波に乗れていない状況を知ることができます。将来を見据えて新規計画を立てるのか、効果は一時的なものとして様子を見るのか、選択を迫られることになりますが、事業の成長戦略を考える上で大いに役立つ分析となるでしょう。

「弱み」×「脅威」

企業としては最も難しい状況を分析することになります。事業を継続するのか、最悪の事態を避けるために撤退するのか、継続するとしてどのような防衛策をとるのか、大きな損失を自社に与える可能性があるので、慎重に分析する必要があります。

利益を追求するためには事業の拡大が求められるため、SWOT分析で最重要視されるのは「強み」×「機会」となりますが、多面的な分析は将来の事業戦略を考える上で役に立つので、しっかりと分析をすることが大切です。

企業の立案した戦略を素早く柔軟に軌道修正するために、SWOT分析を利用する

SWOT分析のメリットは、外部環境に目を向けることで、客観的に現状の把握をすることができる点です。プラス面とマイナス面からの多角的な分析を行えるため、事業に潜むリスクとチャンスを公平に捉えた事業判断を下すことができるようになります。

例えば、「商品の単価が安い」という事実は、より多くの需要を集めるための「強み」になりますが、企業にとっては収益性が低いという「弱み」にもなります。
物事をある一面だけで判断するのではなく、現状を正確に把握し、事業バランスを整えられることに大きな意味があるのです。そのため、SWOT分析が最も輝くのは、一旦戦略を立てた後に、その戦略を評価し、最適化していく過程となります。

そもそも分析にフレームワークが使用されるのは、日々移り変わる市場や事業環境にスピード感を持って対応するためです。どれだけ力を入れて立案した戦略も環境の変化によって意味をなさなくなることがあります。しかし、一度動かし始めた事業戦略やマーケティング戦略を方向転換させることは難しく、うまく軌道修正していく必要がでてきます。

そのような時に大いに力を発揮するのが、SWOT分析というフレームワークなのです。

まとめ

一度決めた戦略を後生大事に抱え込むのではなく、柔軟に対応できるかが事業の成否の分かれ目

近年、様々な分野で技術が発展することにより、企業を取り巻く環境の移り変わりが激しくなっています。そのような環境下で、事業を拡大し、利益を向上させていくには、しっかりとした事業戦略やマーケティング戦略が必要となります。

しかし、どれほど時間をかけて練りこんだ戦略だとしても、不意の事態で窮地に追い込まれることはあります。
そのような際には、SWOT分析で現状を素早く正確に把握し、戦略に軌道修正をかけていくことが重要です。
このような分析を有効活用し、素早く柔軟に市場に対応できる企業が、今後の競争を勝ち抜いていくのでしょう。