日本語ドメインはSEOに効果はあるのか

「日本語ドメインにはSEO効果がある」と数年前に話題になったことがあります。それを受け、自社のドメインを日本語にした企業もあるのではないでしょうか?しかし、現在その効果を実感できている企業は少ないようです。実際、日本語ドメインを取り巻く環境は日々移り変わっており、SEOに与える効果も変わってきているようです。

そこで、今回は、日本語ドメインの現状と、今現在のメリット・デメリットについて考えてみたいと思います。

日本語ドメインにより、WEBサイトの「表札」を日本語で表示させることができる

ドメインとは、インターネット上に存在するコンピューターやネットワークを識別するための名前のことを指します。ドメインは登録制で、重複するドメインが存在しないため、よくネット上の「住所」と言われることがありますが、それよりも「表札」と考えた方が実態に近いかもしれません。ドメインには、「独自ドメイン」と「サブドメイン」があります。

独自ドメインとは、ユーザーが独自で名前を決めて、自分の好きなように利用できるドメインのことです。一方、サブドメインとは、「独自ドメイン」をさらに細かく分割して複数のユーザーに割り振るためのドメインで、レンタルサーバーなどでよく使われています。
具体例としては、「tatoeba.com」が独自ドメインで、「aaa.tatoeba.com」や「bbb.tatoeba.com」といったものがサブドメインとなります。

先ほど「表札」と例えたのは、独自ドメインが「後藤」という表記であるのに対して、サブドメインの場合は「○○マンションの『後藤』」という表記になるためです。

さて、日本語ドメインの話に戻しますが、日本語ドメインとは今まで英数字で構成されていたドメインを、「日本語.com」のように漢字やひらがな、カタカナで表示させることができるドメインのことです。

そして、この「表示させることができる」という部分がポイントになります。

日本語ドメインに対応したインターネットブラウザ上では、日本語として表示されていますが、ネット内部のデータのやり取りに関しては、「ピュニコード(Punycode)」という文字列に変換して行われているのです。
ちなみに、日本語ドメインのピュニコード変換は以下のようになります。

日本語ドメイン「例えば.com」→ピュニコード変換「xn--r8j3dr99h.com」

日本語としては意味を持つ言葉も、ピュニコードに変換されてしまうと意味をなさない文字列となるため注意しておきましょう。

日本語ドメインのメリットは「日本語」であることなので、それを享受できる人間は限られる

では、今現在の日本語ドメインのメリットとデメリットをここからは見ていきましょう。

日本語ドメインのメリット

まず、日本人にとっての視認性の高さが挙げられます。基本的にドメインには英数字が使われているため、ドメインやURLが一覧になった際には大きく目を引く存在となります。当然日本語ですから、その単語から大よそのサイトの内容を推測できるというメリットもあります。
ドメインは登録制で、重複するドメインは存在しません。そのため、独自ドメインでいくら好きなドメインが使えるといっても、すでに多くのドメインが登録されている現状では、大きな制限がかかります。

日本語ドメインは、通常の英数字のドメインと比較すれば、まだまだ登録が少ない状況なので、ドメイン選択の幅が広がるという利点があります。

日本語ドメインのデメリット

先に少し触れましたが、内部データをやり取りする際にピュニコード変換されてしまうのが、日本語ドメインの一番のデメリットです。
メールアドレスには日本語ドメインが使用できないため、ピュニコード変換されてしまいます。つまり、「info@例えば.com」ではなく、「info@ xn--r8j3dr99h.com」という表記になるため、送信相手からスパムメールだと判断されるケースも起こり得ます。

加えて、FacebookやTwitterなどのSNSでURLをシェアする場合には、日本語ドメインはエンコードされてしまい、英数字と%だらけの意味不明の文字列となってしまいます。

日本語でわかりやすくするはずが、却って怪しいサイトだと勘違いされてしまう可能性があるのが難点です。
他にも、サーバーによっては日本語ドメインに対応していないケースもあるので、事前に確認しておく必要があります。

日本語ドメインのメリットは基本的に日本人にとってのメリットとなるケースがほとんどのため、もし世界に向けて情報を発信する目的でWEBサイトを開設した場合は、日本語ドメインはあまり適しているとは言えないでしょう。

ユーザーの注意を引く効果はあるものの、SEOへの効果はあまり期待できないのが現状

日本語ドメインの現状を見てきましたが、SEO効果はどうなのでしょうか?
少し厳しい言い方にはなりますが、現状では「ゼロではない」といったところでしょうか。
かつては日本語ドメインがキーワードとして認識され、SEOの効果もあったようですが、現在では検索順位に大きな影響を及ぼす存在ではありません。

もちろん、検索キーワードに反応する部分ではあるため、コンテンツの内容と一致するドメインであれば、多少のSEO効果も期待できるでしょう。

検索結果が並んだ際にも、日本語ドメインは認識されやすいため、ユーザーの気を引くという意味では効果があると言えます。
しかし、それらはSEOの効果というよりは、あくまでもユーザーの注意を引けるということに過ぎず、リンクがクリックされるかどうかはまた別の話となります。

コンテンツマーケティングとして考えた場合に、コンテンツの世界観を伝える要素として日本語ドメインを導入する手もありといえばありなのですが、それはSEOを目的とするものではありません。
WEBサイトを運営する目的と日本語ドメインを導入する目的が完全に一致するということでもなければ、通常の英数字のドメインを使う方が無難でしょう。

まとめ

現在キーワードはユーザーにとって「きっかけ」に過ぎず、良質なコンテンツ作りが一番のSEO対策となる
かつては日本語ドメインがSEOに対して効果がありました。それは事実です。しかし、検索エンジンのアルゴリズムは日々変化しており、現在も同じ様な効果を得られるのかといえば、残念ながら難しいでしょう。
日本人にとって親しみのある言葉である日本語の注目効果は非常に高く、「日本人の目を引く」という意味では今も変わらぬ効果を持つといえます。

しかし、日本語ドメインは内部データのやり取りの際にはピュニコード変換されるため、日本語を知らない人間にとってはただの意味不明の文字列であることを忘れてはいけません。
日本語ドメインを考える中で浮かび上がってくるのは、検索キーワードに頼るばかりのSEO対策が効果のある時代はもう終わりつつあるということです。

キーワードはユーザーを集める足掛かりとはなりますが、コンテンツの内容や評価に直接影響を及ぼすものではありません。
現在の検索順位を決める最も大きな要因はコンテンツの評価です。良質なコンテンツを揃えることが最も効果のあるSEO対策だと言えるでしょう。そして、キーワード至上主義からコンテンツ至上主義へと切り替えることができた企業が今後の競争を勝ち抜いていくのでしょう。