近年、WEBマーケティングに取り組む企業が増える中、「SEO」やリスティング広告という言葉を普段から耳にすることが増えています。実は、それらの取り組みはすべて「SEM」という考え方に含まれます。SEMを知ることで、SEOやリスティング広告をさらに有効的に活用できるようになります。

今回は、SEOやリスティング広告の上位概念にあたるSEMについて解説したいと思います。

SEOとリスティング広告はどちらを選ぶべきか

SEMとは、Search Engine Marketingの略称で、検索エンジン上で行うマーケティングの総称のことです。つまり、SEOもリスティング広告もSEMの一種です。

SEOとリスティング広告は、検索エンジンの結果を利用するという部分が同じのため、よく比較されることがありますが、どちらが優れているというわけではなく、ケースバイケースでどちらもうまく活用していくことが必要です。

それではまず、それぞれの特徴について見ていきましょう。

時間はかかるがリターンが大きいSEO

SEOとは、インターネットで検索エンジンを利用した際に自社のWEBサイトを検索結果の上位に表示することで、ユーザーの訪問数を増加させることを目指す取り組みのことです。検索エンジンでは、Googleに評価されたサイトが、高い検索順位で表示されます。

上位表示されたコンテンツは、自然検索でユーザーが流入し続けるため、集客のための費用がかからない点がメリットとなります。高い検索順位が維持されれば、継続的にそのメリットを享受することができます。

一方でデメリットは、Googleの評価基準に左右される点です。明確な基準は明示されておらず、実際にコンテンツを公開してからでないと、評価されるかわかりません。また、高く評価されて上位表示を実現したとしても、Googleは絶えず評価基準をアップデートしているため、その動向に左右されやすく、高い評価を維持することは難しいのが原状です。

リスティング広告は即効性が魅力だが、運用するスキルが必要

一方、リスティング広告とは、ユーザーが検索エンジンを利用した際に、検索結果の上部に表示される広告のことを指します。クリック課金型の広告で、キーワードごとにクリック単価がオークションにかけられ、入札額が高いものから上位に表示される仕組みとなっています。

メリットは即効性です。広告に関する設定さえ終われば、すぐに検索結果に反映されるため、スピーディに集客を行うことができます。また、広告が表示されるユーザーの年齢や性別、興味の対象など、ターゲティング条件を設定できることに加え、ランディングページも任意に設定できるので、開設したばかりのキャンペーサイトに特定のユーザーを呼び込むといったマーケティングに利用することができます。

しかし、広告にかかる費用はクリック単価×クリック数で設定されています。人気が高いキーワードはクリック単価が高くなるため、費用が多くかかります。当然広告出向をやめればサイトへの流入も0になるため、広告費を払い続けなければいけません。常に費用対効果を分析し、適切なキーワード設定で出稿する分析力が必要で、絶えず改善を繰り返す必要もあるでしょう。

両者は同じSEMという概念から生まれた

SEOにもリスティング広告にも一長一短があります。だからこそ、分けて考えるのではなく、両者が同じSEMという概念から生まれたものであることを知る必要があるのです。

SEMで重要なのは、できる限り多くのユーザーをどのようなキーワードで集客するのかということです。

めったに検索されないマイナーなキーワードの検索結果で上位に表示されても効果は薄く、自社のコンテンツが差別化できないような人気のキーワードで、無理に広告表示をさせても意味はありません。コンテンツの持つ力を最大限に発揮できるキーワードを探ることが求められるのです。

まとめ

大切なのは、SEOもリスティング広告もWEBマーケティングのための一つの手段に過ぎないことを知ることです。SEMという上位の概念があることを踏まえて、どうすればSEOやリスティング広告を有効活用できるのか戦略を立てましょう。

近年は、検索エンジンが用意したアンサーボックスやナレッジグラフの影響で、検索しても表示されたリンク先に飛ばずにページを離れるユーザーも増えているようです。今後、自社のコンテンツにユーザーを振り向かせるためには、良質なコンテンツの作成と、それをしっかりとユーザーに届けるためのキーワード選定がより大切です。

そして、SEMという概念の元、SEOとリスティング広告の良さを融合させた活用法が、より一層求められていくのだと思います。