ロングテールSEO

コンテンツマーケティングに取り組んでいる企業は、記事それぞれにキーワードを設定し、検索上位を目指す施策をしているでしょう。とくに、「ビッグキーワード」「ミドルキーワード」と言われる検索数が多いキーワードで上位表示されることができれば、大きな流入を見込むことができます。

しかし、コンテンツマーケティングが一般的となった現在、競合サイトが次々とリリースされ、コンテンツも溢れています。そのような中で検索上位表示を実現することは簡単なことではありません。

そこで今回は、競合が多いジャンルであっても流入を積み重ね、且つ見込み客を囲い込むこともできる「ロングテールSEO」という戦略について紹介したいと思います。

ニッチなキーワードであり競合が少ない

まず、ロングテールSEOについて確認する前に、検索キーワードについて見ていきましょう。検索キーワードは、その検索回数のボリュームに合わせて、「ビッグキーワード」「ミドルキーワード」「スモールキーワード」の3つに分類されます。

明確な定義はありませんが、一般的には下記のような数値で捉えられることが多いようです。

・ビッグキーワード:月間検索回数が1万回以上のキーワード
・ミドルキーワード:月間検索回数が1,000回以上1万回未満のキーワード
・スモールキーワード:月間検索回数が1,000回未満のキーワード

ビッグキーワードは、検索回数が多いことから、そのキーワードで上位表示を目指すライバルが多くいます。リスティング広告に出稿する企業も多く、検索結果には広告が多数表示されています。一方、スモールキーワードは検索回数が少ないため、検索流入によって大きなインパクトを得ることは難しいですが、ライバルが少ない分、上位表示を獲得できる可能性は高まります。ミドルキーワードは両者の中間の扱いですが、ボリュームゾーンに当たることも多いため、どちらかと言えばビッグキーワード寄りと言えるでしょう。

これらのキーワードを検索回数順にグラフ化すると、以下のようになります。

ロングテールSEOが重要な理由

スモールキーワードはこのように長く尾を引くように並ぶ様子になぞらえて、「ロングテールキーワード」とも呼ばれています。

さて、ロングテールSEOの話に戻しますが、WEBマーケティングに取り組む企業が増える中、ビッグキーワードを中心とした通常のSEO対策を続けるだけでは検索の上位に食い込むのが難しく、他社との差別化も図れないという問題に企業は直面しています。

そこで、検索結果の上位に表示されやすく、コンバージョンにもつながりやすいスモールキーワードを活用して、その2つの課題を同時に解決していこうというのがロングテールSEOなのです。

ただし、ロングテールSEOを行う際には、サイトの構成についてよく考えておく必要があります。
と言うのも、サイト全体でスモールキーワードにこだわりすぎると、ユーザーの目に触れる機会が減ってしまうため、コンテンツマーケティングの意味がなくなります。ロングテールSEOのポイントは、ユーザーのニッチなニーズに応えていくことで、サイトの評価を積み上げていくことです。ユーザーの評価はキーワードの大小に関係なく検索結果に反映されるため、最終的にはビッグキーワードやミドルキーワードでの検索でも、検索上位を狙えるようになるのですロングテールSEOにおける理想のサイト構成は以下のものとなります。

ビッグキーワードでサイトを検索したユーザーには、サイトにどのようなコンテンツがあるのか一目でわかるようにサイトのトップページヘ、大まかな情報の絞込みを行ったミドルキーワードで訪れたユーザーには同じようなテーマのコンテンツで固められたカテゴリーページへ、そしてスモールキーワードで検索したユーザーにはそのニーズに明確に応えられる記事ページへと誘導すると効果的です。

ロングテールSEOとは、ビッグキーワードやミドルキーワードを捨て、スモールキーワードだけで勝負するSEOではなく、それぞれのキーワードを適材適所へと配置することで、その相乗効果を狙うSEOなのです。

ちなみに、このようなわかりやすいサイト構成は、検索エンジンのクローラーがサイトを巡回する際にも役に立ちます。なぜならクローラーは内部リンクをたどってページを巡回するため、コンテンツによって階層がバラバラになっているよりも、コンテンツがなるべく一つの階層にまとめられている方が効率的に情報を集めることができるからです。そして、クローラーのたどる導線を意識してビッグキーワード、ミドルキーワード、そしてスモールキーワードを配置しておくことで、より効率的なSEOが行えるでしょう。

ユーザーの悩みや課題を解消する近道となるため、コンバージョンにつながりやすい

では、ロングテールSEOのメリットについて考えてみましょう。ロングテールSEOの大きなメリットは3つあります。

検索結果で上位表示を狙いやすい

スモールキーワードを元にしたコンテンツは、ユーザーからの検索回数は減るものの、同時に競合他社のコンテンツも減少するため、検索結果で上位表示されやすいというメリットがあります。

ビッグキーワードで勝負する場合は、たとえ良質なコンテンツを作成したとしても、検索結果の中に埋もれやすく、情報を求めるユーザーまで届かないというケースがあります。そのため、コンテンツの評価もなかなか上がらず、検索順位も浮上しないという悪循環に陥ることがあります。結果が出ないために、WEBサイトやコンテンツの方向性に迷いが生じ、コンテンツのターゲットや目的がぼやけてしまうというのもよくある話です。

スモールキーワードの検索回数は個々に見れば少ないものですが、そのようなコンテンツを積み重ねていけば、ビッグキーワードにも負けない検索回数となります。コンテンツを資産として継続的に活用していくコンテンツマーケティングにふさわしい戦略と言えるでしょう。

ユーザーのニーズに応えたコンテンツを作成しやすい

スモールキーワードは、ユーザーが具体的に情報を求める際に使われるケースが多いため、複数のキーワードで構成される場合がほとんどです。

例えば、Googleで「かゆみ」というキーワードを検索した場合、約2680万件の検索結果が表示されます。これに対して、「かゆみ ひっかく 傷跡」というキーワードだと、検索件数が約7万3400件と、検索ボリュームが300分の1以下にまで減少します。

コンテンツ作成という視点から考えれば、「かゆみ ひっかく 傷跡」という具体的なキーワードからコンテンツの方向性を定めやすく、その割にライバルも少ないということになります。

コンテンツマーケティングでは、いかにユーザーのニーズに応えるのかが最重要課題となります。ロングテールSEOによるユーザーのニーズの絞込みは、その大きな助けとなるのです。

コンバージョンにつながりやすい

スモールキーワードは、その具体性からユーザーの悩みや課題に対してより近い場所にあります。そのため、ユーザーのニーズに応えることが、ユーザーの悩みや課題を解決に導くこととなり、コンバージョンにもつながりやすいのです。

また、検索上位に表示されることはコンテンツの評価が高いことを示すため、ユーザーの信頼を掴みやすく、それがコンバージョンへの後押しをするのだと見られています。

これらのメリットはサイト全体の評価として蓄積していきます。ビッグキーワードにおいても、スモールキーワードにおいても、ユーザー評価の高いサイトが検索結果の上位に表示されるのは変わりません。ロングテールSEOで地道に積み重ねたユーザーの評価は、最終的にビッグキーワードやミドルキーワードでの検索結果にも反映されていくのです。

ただし、ロングテールSEOにもデメリットはあります。ロングテールSEOでは、ユーザーのニッチなニーズが中心となるので、検索流入者の全体数を増やすために、コンテンツが量産される傾向があります。増えたコンテンツのクオリティが維持されている内はよいのですが、スモールキーワードを意識して記事を作成するあまり、内容の似通った記事が重複してしまう可能性があります。
こうした重複コンテンツは「ドアウェイページ」と判断され、ユーザーの満足度を下げるばかりではなく、検索エンジンの評価を下げることもあります。
ドアウェイページとは、特定のキーワードから検索流入者を獲得するためだけに作られたコピーコンテンツのことを指し、Googleではガイドラインに違反する行為として厳しく対応することが明言されています。そのため、重複コンテンツがドアウェイページとして認識されてしまうことは、SEOにとって大きな痛手となるのです。
ロングテールSEOにおいても一番に求められるのは、コンテンツの質であることを心得ておきましょう。

従って、ロングテールSEOでは、定期的にコンテンツを見直すことが重要です。ロングテールSEOでは、スモールキーワードを利用するので、サイトへ訪れるユーザーの全体数を増やすためには、コンテンツも併せて増加させる必要があります。しかし、そうなると過去の良質なコンテンツが他のコンテンツの中に埋もれてしまうため、定期的にコンテンツを見直して、良質なコンテンツをサイトの前面に出す必要があるのです。
コンテンツを見直す目安は大まかにまとめると以下のようになります。

まず、検索流入者が多く、コンバージョン率も高い場合は、基本的にコンテンツに手を入れる必要はありません。ユーザーからの評価も高いことが予想されるので、「おすすめ記事」としてトップサイトにわかりやすく導線を用意しておくのも一つの手です。

次に、コンバージョン率が高いものの、検索流入者が少ないコンテンツですが、これはスモールキーワードを利用しているため、避けられないものではあります。コンバージョン率が高いことから、ユーザーの満足度も高いことがわかります。このような場合は、変に内容に手を入れるとユーザーの満足度を下げる可能性もあるため、「パンくずリスト」などを活用してSEOの効果を高めるとよいでしょう。

そして、検索流入者数が多いにも関わらず、コンバージョン率が低い場合ですが、内容がユーザーのニーズに応えられていない、もしくはコンテンツ内の導線がわかりにくい、などの理由が考えられます。利用したスモールキーワードに対する需要はあると見られるので、ユーザーが何を求めているのか分析し直して、コンテンツの内容を改善する必要があります。

最後に、検索流入者数が少なく、コンバージョン率も低い場合は、無理にテコ入れするのではなく、そのままにしておくのがよいでしょう。今は注目度の低いコンテンツも、ユーザーや市場の変化で注目を浴びることがあります。一度作成したコンテンツは資産として残るため、その価値が上がるまで待つというのも、コンテンツマーケティングでは有効な手段なのです。
たコンテンツを増やしていくだけでなく、増やしたコンテンツがユーザーのニーズに応えられているかを見直すことが重要なのです。

コンテンツやそのターゲットの分析というコンテンツマーケティングの基礎が試される

では、ロングテールSEOの恩恵を受けるためには、どのようにキーワード選定をすればよいのでしょうか?
スモールキーワードの選定は、Googleのキーワードプランナーに代表される解析ツールを使って行うのが一般的です。自社のWEBサイトのアクセスログを活用して、ユーザーの検索キーワードを調べる方法もあります。
ただし、注意が必要なのは、検索回数の少ないキーワードを扱っただけではロングテールSEOにはならないということです。

自社の商品やサービスの特徴やターゲットと、スモールキーワードが一つのストーリーとしてつながるのかどうかを見極める必要があります。

例えば、「スマホ 画面 トラブル」と「スマホ 画面 守る」という2つのスモールキーワードを並べて考えた際、前者はスマホで起きたトラブルに関する解決策を求めているのに対して、後者は画面を守るための方法を求めていることが想定できます。
ユーザーのニーズに応えるという意味では、2つのキーワードから作成されたコンテンツに大きな差はありません。しかし、もしあなたの会社がスマホケースや液晶保護フィルムを扱う企業であった場合、自社の利益につながるのは後者のキーワードに基づくコンテンツに間違いないでしょう。
このように、スモールキーワードを活用する場合、ただコンテンツの拡充を目的とするのではなく、そのキーワードが自社とユーザーをどのようにつなぐかを考える必要があるのです。

つまり、ロングテールSEOでは、自社の商品やサービスと、そのターゲットを分析するというコンテンツマーケティングの基礎力が試されるのです。

まとめ

基本に立ち返り、ユーザーのニーズにどれだけコンテンツで応えられるのかが重要

ロングテールSEOでは、ユーザーのニーズに寄り添う形で、コンテンツを作成できるため、ユーザーの信頼を掴みやすく、コンバージョンにもつながりやすい傾向があります。しかし、ただスモールキーワードに沿ってコンテンツを作ればいいという考えのままでは、成果は上がりません。

良質なコンテンツを積み重ねることで、確かにユーザーの信頼を獲得することはできますが、それが自社のブランディングで終わるのか、それともマーケティングにまでつながるのかは、用意されたコンテンツやサイト内の導線にかかっています。
そのため、自社の商品やサービスとそのターゲットを分析し、ユーザーのニーズを具現化したスモールキーワードと自社のコンテンツをどのようにつないでいくのかが重要となります。

それはコンテンツマーケティングで当たり前のものとして求められる要素ではありますが、その当たり前を見失わずに良質なコンテンツを作り続けられる企業が、ロングテールSEOでも成果を上げるのでしょう。