CMS

CMSとは、専門知識が無くても、WEBサイトを「作成」「更新」「運営」することができるシステムです。

以前WEBサイトを作るためには、HTMLやCSSといった専門の言語を学び、難易度の高い作業が必要だったため、労力が必要でした。また、サイトに記載してある情報の変更が必要になった場合は、都度業者にお金を払うなどコストが発生することもしばしばありました。

しかし、CMSの機能が発達した現在では、その必要は無く、専門知識が無い従業員でも簡単にサイト運営をおこなうことが可能となっています。今回はWEBマーケティングを行うのにいまや必要不可欠となったCMSについて、導入のメリットと代表的なCMSについて紹介します。

CMSとは?

CMSとは、コンテンツ管理システム(Content Management System)の略称で、WEBサイトの作成や日々の更新、運営ができるソフトウェアのことを指します。

WEBサイトは、テキストや画像、動画など様々なデジタルコンテンツから構成されています。本来、サイトを作成・運用するためには、これらのコンテンツをまとめる、HTMLの知識やディレクトリ構造などのシステムに関する知識が必要でした。

しかし、CMSの登場により、HTMLでコードを書かなくとも、テキストや画像を一元管理することができるようになり、管理画面からそれらのコンテンツを投稿するだけでサイトに反映させることができるようになりました。
これにより、これまでは専門の知識を持つ担当者が1人で行っていた作業を、CMSに関する基本的な知識があれば、複数で手分けして行えるようになったのです。

また、テンプレートが用意されているため、サイト制作の知識がなくとも、様々なデザインの実装が可能です。加えて、記事の更新機能やコメント投稿機能などがついているため、プログラミング言語を使用する必要もありません。更にプラグインという追加プログラムを利用すれば、「問い合わせフォーム」や「SNSのシェア」など、幅広い機能を付け足すことができるのです。

従来は企業が一方的にマスメディアから情報を発信していましたが、現在はインターネットとスマートフォンが広まり、人々が自分から情報を取りにいく時代となりました。だからこそ企業のマーケティング活動は、情報発信の「質」と「量」が大事で、サイト運営は避けて通れない課題となっています。そこで、技術者でなくとも手軽にWEBサイトの制作と運営を行うことができるCMSが、強い味方になってくれるのです。

CMS導入のメリット・デメリット

これからのマーケティングを考える上で、WEBサイトの存在は外せないものとなっています。しかし、ただWEBサイトを運営していれば、ユーザーが自然と集まり、自社の認知度向上や自社商品・サービスの周知につながるというわけではありません。
ユーザーは自分にとって有益なコンテンツを自発的に探すため、WEBサイトにはユーザーのニーズに応えるコンテンツを拡充していくことが求められます。
当然、それにはリソースやコストがかかりますが、CMSを導入することでいくつかの問題を解消することができます。
ここでは、CMS導入の代表的なメリットを6つ紹介したいと思います。

コンテンツの作成・更新が簡単になる

コンテンツの作成や更新が簡単になることが、CMS導入の最大のメリットとなります。
これまでは、コンテンツの作成や更新にWEBやHTMLに関する深い知識が必要だったので、作業を行える人間が限られていました。これらの作業にリソースを割けない企業はWEB制作会社の外注することがほとんどで、企業間のタイムラグが発生するため、コンテンツの更新や修正に時間がかかり、ユーザーのニーズに合わせたサイトの運営を難しいものにさせていました。
一方、CMSの場合は、基本的な操作を覚えるだけで、更新や修正が行えるようになるので、素早く適切なサイト運営が行えるようになります。

分担して作業できる

WEBサイトの構築にはHTMLコーディングが必須ですが、複雑な作業となるため、手分けすることが難しく、担当者が作業を1人で抱え込むことも少なくありませんでした。
CMSでは、テキストや画像を投稿することで簡単に記事を更新できるため、サイトの大きなデザイン変更などはWEBデザイナーが担当し、日々の更新はそれ以外の担当者が行うといった作業の分担が可能になります。
基本的な操作を覚えれば誰でも簡単な更新が行えるようになるため、アクセス権限を事前に与えておけば、部署を超えたコンテンツ連動やキャンペーン活動なども実現できます。

サイト全体に統一感を持たせられる

これまでのWEBページ制作は個人の能力に左右される部分が大きく、担当者や外注先が変わることでクオリティにバラつきが出るケースがありました。
しかし、CMSでは、テンプレートを使ったコンテンツの作成が主となるため、同一クオリティの記事更新が可能となり、サイト全体に統一感を持たせることができます。
サイトの統一感はユーザビリティの向上にもつながり、安定したサイト運営を行うことで、引いてはユーザーの信頼獲得にもつながります。

リンク切れを防げる

WEBサイトのテキストや画像といったデータファイルはディレクトリ構造で管理されています。HTMLコーディングの際、データファイルの場所を正しく指定できていないとリンク切れとなり、コンテンツが正しく表示されなくなってしまいます。
目当てのコンテンツがリンク切れになっていてはユーザーの評価を大きく下げてしまいます。それだけではありません。リンク切れが多発すると検索エンジンからの評価も下がるため、検索上位に表示されることが難しくなります。
その点、CMSでは、WEBサイト全体のデータファイルを一元管理することができるため、リンク切れとともに、それを原因とする評価の低下を防ぐことができます。

SEO対策になる

現在、検索エンジンでは、推奨されるWEBサイトの構造がガイドラインとして公表されています。多くのCMSはこれに準拠した構造になっているため、CMSを導入すること自体がSEO対策となっていると言えるでしょう。
また、簡単にコンテンツ同士を連携させることができるため、ユーザーのニーズをうまく捉えることでシナジー効果を生み、効率的に検索上位を目指すこともできます。

コスト削減ができる

CMSの導入はコスト削減にもつながります。無料のツールもあるので、これからWEBサイトを開設しようという場合は、初期コストを大幅に下げることができます。

また、操作を覚えれば誰でも更新や修正が行えるようになるという点が、コスト面では大きなメリットとなります。自社内で作業を行うため見かけの工数は増えますが、サイトの更新や修正を外注先に丸投げするよりも、かかる費用を抑えることができます。
WEBサイトの運営にリソースが割けない中小企業では、WEBの運営が外注頼みのため、あまり積極的に展開できないというケースがあります。一方で、CMSは人的リソース面でも、コスト面でも、導入のハードルが低いため、そういった企業にとっては大きな助けとなるでしょう。

以上がCMS導入のメリットとなります。
ただし、デメリットとまでは言いませんが、CMSにも操作方法やプラグインの活用法など、基礎的な知識は求められます。WEBやHTMLに関する専門的な知識は必要とされませんが、プラグインを有効活用するためには多少のコツが必要となります。
また、CMSにより完全に自社だけでサイトを運営していく場合には、ネットセキュリティの知識も求められるため注意が必要です。

代表的なCMSツールはシェアNo.1のWordPressで、利用者の集合知にも期待できる

では、実際のCMSツールにはどのようなものがあるのでしょうか?
ここでは、代表的な4つのCMSツールとその特徴を簡単に紹介しておきます。

WordPress

「WordPress」は、世界No.1のシェアを誇るオープンソースの無料CMSツールです。
ブログ機能に特化したCMSツールで、豊富なデザインテンプレートやプラグインが特徴です。オープンソースで開発されているため、バージョンアップが多く、それに併せて機能も充実していきます。
一方で、利用しているユーザーの多さから、外部の攻撃者から狙われやすいという側面もあります。

Drupal

「Drupal」は、WordPressと同様にブログ構築に強みを持つ無料のCMSツールです。基本モジュールと拡張モジュールで構成されており、組み合わせによって多彩な機能を実現することができます。そのため、将来的な拡張性をサイトに持たせたい場合に導入するとよいでしょう。
一方で、日本語チュートリアルがまだ少ないため、初心者が扱うには難しく、初期設定もWordPressと比べると少し複雑なものとなっています。

Movable Type cloud

「Movable Type cloud」は、有料のCMSツール「Movable Type」のクラウド版となります。ブログベースなのはその他のツールと変わりませんが、静的生成で運用できるのが一番の違いとなります。WordPressなどで作られたサイトは、動的生成での運用となるため、アクセスが集中するとサイトの表示が重くなるという難点があります。
しかし、静的生成されたサイトはHTMLとして出力されているため、過度の負荷にも耐えられる作りとなっています。また、HTMLファイルとして生成されることで、内容の改変が容易に行えないため、セキュリティ効果が高いのが特徴です。
ただし、プラグインの種類がまだ少なく、更新のたびにページファイルの再構築が必要になるため、運用には多少手間がかかります。

JIMDO

「JIMDO」は、直感的な操作で手軽に利用できるため、初心者におすすめのCMSツールです。
豊富なデザインテンプレートを使って、ドラッグ&ドロップでカスタマイズし、後は文章や画像を挿入するだけでページを作成することができます。また、これらの作業はスマートフォンの専用アプリからもできるので、時や場所を選ばずにブログを更新することができます。
その他のツールに比べ、機能のカスタマイズでは劣りますが、短期間かつ低予算でWEBサイトを立ち上げたい場合などには非常に役に立つツールです。

代表的なCMSツールの中で、特におすすめなのが、「WordPress」です。なぜならWordPressには他のツールと比較して抜きん出たメリットが2つあるためです。

まず、一つ目は、「豊富なプラグイン」です。プラグインとは、便利な機能を任意で追加できる仕組みのことです。WEB運営に必要な機能のほとんどがボタン一つで追加できるため、WEBエンジニアでなくても高度なサイト構築が可能となっています。

そして、二つ目のメリットは、「豊富な日本語チュートリアル」です。WordPressはもともと海外で作られたソフトウェアですが、日本人が作成したチュートリアルが豊富にあるので、わからないことがあってもネットで検索すれば、おおよその問題は解決できます。

CMS自体やプラグインも日本語化されているので、操作で戸惑うことも少ないのです。このようなソフトを使う際に、利用者の「集合知」は馬鹿にできません。最初に躓く部分や、利用するうちに出てくる悩みや課題は、利用する人間が多ければ多いほど、広くカバーされ、もれなく解決されていきます。これは世界でNo.1のシェアを持つWordPressの最大の強みともいえます。

ただし、セキュリティ面では注意する必要があります。オープンソースで作成されているCMSツールのすべてに当てはまることではあるのですが、ソースコードを公開することで、自由なカスタマイズや豊富な機能拡張を実現しているのですが、それは同時にシステムの脆弱性にもつながります。悪意ある攻撃者がソースコードを改変し、サイトを乗っ取ることができるため、WEBサイトは常に危険に晒されているとも言えるでしょう。
皮肉なことに、WordPressの圧倒的なシェアこそが、悪意ある攻撃者に狙われやすい要因となっているのです。オープンソースやプラグインを悪用することで、少ない労力でより多くの人間に被害を及ぼすことのできるWordPressは、攻撃者にとって恰好の的なのです。

しかし、そこでも「集合知」が活かされます。そういった悪用への対策も早く、こまめに更新をかけることで、そのような脆弱性は潰すことができます。

他にも、「Joomla」「Drupal」「Jimdo」などのCMSが世界的に有名です。日本で作られたCMSもありますが、利用者数の不利もあるためか、WordPressに比べると機能面で圧倒的に遅れをとっています。そのため、サイト運営初心者にはあまりおすすめできません。

まとめ

CMSを有効活用して、省けるコストや手間を省き、コンテンツに磨きをかけていくことが重要

WEBマーケティングを効果的に行うためには、WEBサイトの定期的な更新やしっかりとした運営が求められます。
CMSを利用すれば、専門的な知識がなくても、企業の担当者自身がWEBサイトの構築や運営を行えるので、それにかかるコストや労力を大幅に削減することができます。

特に、最大のシェアを誇る「WordPress」においては、便利な機能やチュートリアルが豊富に用意されているため、これからWEBサイトを運営しようと考えている初心者にもおすすめです。CMSなどの便利なソフトウェアを有効活用することで、省ける手間やコストは省き、自社のコンテンツに磨きをかけていくことが、今後の競争を勝ち抜くためには重要なことでしょう。