CMSとは、専門知識が無くても、WEBサイトを「作成」「更新」「運営」することができるシステムです。

以前WEBサイトを作るためには、HTMLやCSSといった専門の言語を学び、難易度の高い作業が必要だったため、労力が必要でした。また、サイトに記載してある情報の変更が必要になった場合は、都度業者にお金を払うなどコストが発生することもしばしばありました。

しかし、CMSの機能が発達した現在では、その必要は無く、専門知識が無い従業員でも簡単にサイト運営をおこなうことが可能となっています。今回はWEBマーケティングを行うのにいまや必要不可欠となったCMSについて、導入のメリットと代表的なCMSについて紹介します。

CMSとは?

CMSとは、コンテンツ管理システム(Content Management System)の略称で、WEBサイトの作成や日々の更新、運営ができるソフトウェアのことを指します。

テンプレートが用意されているため、サイト制作の知識がなくとも、様々なデザインの実装が可能です。また、記事の更新機能やコメント投稿機能などがついているため、プログラミング言語を使用する必要もありません。更にプラグインという追加プログラムを利用すれば、「問い合わせフォーム」や「SNSのシェア」など、幅広い機能を付け足すことができるのです。

従来は企業が一方的にマスメディアから情報を発信していましたが、現在はインターネットとスマートフォンが広まり、人々が自分から情報を取りにいく時代となりました。だからこそ企業のマーケティング活動は、情報発信の「質」と「量」が大事で、サイト運営は避けて通れない課題となっています。そこで、技術者でなくとも手軽にWEBサイトの制作と運営を行うことができるCMSが、強い味方になってくれるのです。

CMS導入のメリット・デメリット

CMSのメリットは、基本的にかかるコストがそのシステムを導入するための初期費用だけで済むという点です。

専門的な知識がなくても誰でも更新できるため、WEBサイトの担当者が自ら運営していくことができます。これはコストの面でも、労力の面でも、大幅な削減につながるため、長期的かつ継続的なWEBサイトの運営が可能になります。

また、WEBサイトは規模が大きくなればなるほど、ページ間の連携が難しくなるという難点がありましたが、CMSでは1度の更新でWEBサイト全体に更新内容が反映されるため、せっかく更新したコンテンツなのにリンクが切れていて、ユーザーが訪れないという心配もなくなります。こうしてページ間で連携がとりやすくなることは、相乗効果でコンテンツの価値を高めることにもつながるので、SEO対策としても有利に働きます。

一方で大きなデメリットはありませんが、たとえCMSに専門的な知識が必要ないとはいえ、CMSを扱うための初期の学習に手間やコストは必要となります。CMSには有料無料で様々な種類がありますが、中にはデザイン上の制約が発生するものもあります。

代表的なCMSはシェアNo.1のWordPressで、利用者の集合知にも期待できる

現在、CMSで代表的存在なのは「WordPress」です。世界No.1のシェアを誇り、日本でも圧倒的なシェアを持っています。

WordPressを利用するメリットは大きく分けて2つあります。

まず、一つ目は、「豊富なプラグイン」です。プラグインとは、便利な機能を任意で追加できる仕組みのことです。WEB運営に必要な機能のほとんどがボタン一つで追加できるため、WEBエンジニアでなくても高度なサイト構築が可能となっています。

そして、二つ目のメリットは、「豊富な日本語チュートリアル」です。WordPressはもともと海外で作られたソフトウェアですが、日本人が作成したチュートリアルが豊富にあるので、わからないことがあってもネットで検索すれば、おおよその問題は解決できます。

CMS自体やプラグインも日本語化されているので、操作で戸惑うことも少ないのです。このようなソフトを使う際に、利用者の「集合知」は馬鹿にできません。最初に躓く部分や、利用するうちに出てくる悩みや課題は、利用する人間が多ければ多いほど、広くカバーされ、もれなく解決されていきます。これは世界でNo.1のシェアを持つWordPressの最大の強みともいえます。

一方で、デメリットもその圧倒的なシェアに起因します。様々な人間が利用するソフトウェアだからこそ、悪用されることも多いのです。WordPressは、「ハッカー」や「コンピュータウイルス」といったセキュリティー面ではまだまだ甘さが残ります。

しかし、そこでも「集合知」が活かされるのです。そういった悪用への対策も早く、こまめに更新をかけることで、そのような脆弱性は潰すことができます。

他にも、「Joomla」「Drupal」「Jimdo」などのCMSが世界的に有名です。日本で作られたCMSもありますが、利用者数の不利もあるためか、WordPressに比べると機能面で圧倒的に遅れをとっています。そのため、サイト運営初心者にはあまりおすすめできません。

まとめ

CMSを有効活用して、省けるコストや手間を省き、コンテンツに磨きをかけていくことが重要

WEBマーケティングを効果的に行うためには、WEBサイトの定期的な更新やしっかりとした運営が求められます。
CMSを利用すれば、専門的な知識がなくても、企業の担当者自身がWEBサイトの構築や運営を行えるので、それにかかるコストや労力を大幅に削減することができます。

特に、最大のシェアを誇る「WordPress」においては、便利な機能やチュートリアルが豊富に用意されているため、これからWEBサイトを運営しようと考えている初心者にもおすすめです。CMSなどの便利なソフトウェアを有効活用することで、省ける手間やコストは省き、自社のコンテンツに磨きをかけていくことが、今後の競争を勝ち抜くためには重要なことでしょう。