書籍5選

現在のB to Bビジネスでは、顧客が事前にWEBで情報収集を行うことが当たり前となっており、企業側も積極的に顧客のニーズに応える情報を発信していく必要があります。WEBマーケティングの重要性が増したことで、マーケティング担当者にも様々な知識が求められ、頭を痛めているケースが多いようです。

そのような時は先人の知恵に学ぶのも一つの手です。

今回は、「何を勉強すればわからない」というマーケティング初心者が知識を得るのに役立ち、すでにキャリアを積んでいる担当者も読むことで基本を見直すことができる書籍を紹介したいと思います。

マンガと文章を組み合わせた構成で、誰にでも読みやすく初心者におすすめのWEBマーケティング入門書

Webマーケッター瞳の挑戦

まず、最初に紹介するのは、「マンガでわかるWebマーケティング 改訂版 -Webマーケッター瞳の挑戦!-」(インプレス、著者:村上佳代、マンガ作画:ソウ、マンガシナリオ;星井博文)です。

マンガと文章を組み合わせた構成のため、誰にでも読みやすく、手軽にWEBマーケティングの概要をつかむことのできる一冊です。最新のWEBマーケティングの専門用語もしっかりフォローされており、実践的なノウハウも充実しているので、初心者にはうってつけの入門書となっています。

また、マネージメント視点で書かれている部分も多く、手軽に読み直せる作りになっているため、すでに経験を積んでいるマーケティング担当者にとっても、基本を見直し、仕事を整理するのに役立つ内容となっています。

顧客の情報収集の方法が変わった今、WEBマーケティングと営業をつなぐための教科書

B to Bウェブマーケティングの新しい教科書

次に紹介するのは、「B to Bウェブマーケティングの新しい教科書 営業力を飛躍させる戦略と実践」(翔泳社、著者:渥美英紀)です。

営業案件を創出するというB to Bビジネスならではの視点から書かれています。B to BビジネスにおけるWEBマーケティングの基本的な考え方から、自社に適した戦略・戦術の立て方、成功事例からみる実践方法まで、この一冊で学ぶことができます。

顧客の情報収集の方法が変わった今だからこそ、WEBマーケティングと現場の営業の持つ役割をはっきりと分けて考え、それをどう活用していくのかという部分に切り込んだ内容となっています。

「教科書」というタイトルの通り、知識や経験を積むことで新たに見えてくる部分も多く、初心者からエキスパートまでWEBマーケティングに携わる人間にとって、傍に置いて、読み返したくなる一冊です。

明確な目標があってこそ、その過程が活きるということが学べるコンテンツマーケティングの入門書

いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本

顧客のニーズにどう応えるのかをコンテンツの側から考えるのに役立つのが、「いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本」(インプレス、著者:宗像淳・亀山將)です。

WEBマーケティングの成否はどれだけ顧客の興味を引けるかにかかっています。ただ情報を発信するだけでは、顧客の目にとまることはありません。そこで、WEBコンテンツを活用し、顧客の関心を商品やサービスの購入に至るまで育てていく必要があります。この本では、それが可能なコンテンツマーケティングについてわかりやすく解説しています。

本の中でも語られている、明確な最終目標(KGI:Key Goal Indicator)があって初めて、そこに至るまでの小さな目標(KPI:Key Performance Indicator)が立てられるという考え方は、初心者にありがちな知識がないために「何がわからないのかがわからない」という状況を解消するのにも役立ちます。

WEBマーケティング以外の仕事にも応用できる仕事への取り組み方を学べる一冊となっています。

読破するためには知識が必要になるものの、WEBサイトの運営が進むべき道を示す教科書

WEBマーケティングでは、自社のWEBサイトがどのような状況にあるのかを分析し、ユーザーのニーズに合わせて修正や改善を行う必要があります。これはB to Bにおいても同じです。しかし、WEBサイトの改修を行う際に、なんとなく、という主観で手を加えても、成果にはつながりません。そこで重要となるのは、自社のWEBサイトを分析することでわかる客観的な数字です。

そして、その客観的な数字に基づいたWEBサイトの分析や改善に役立つのが、「現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書【改訂2版】」(マイナビ出版、著者:小川卓)です。

現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書【改訂2版】

現場が解析ツールによって吸い上げたデータをどのように分析し、その後の改善に活かしていくべきなのか、そのプロセスの考え方を詳しく丁寧に解説した内容となっています。とはいえ、まだ知識の浅いWEBマーケティング初心者には難しい部分もあるため、最初は概要を掴むつもりで読むのがよいでしょう。

WEBサイトの運営において、問題点がどこにあり、どう改善していくべきかを具体的に記した本著は、今後WEBマーケティングに携わっていく中で大きな助けになると思われます。

考えた施策をWEBマーケティングで実践するための方法論を学べる教本

現在、WEBマーケティングを効率的に行うために様々なツールやシステムが登場しています。マーケティングオートメーション(MA)もその一つです。
しかし、一口にツールと言ってもその機能は多岐に渡り、有効活用していくには自社にとって必要な機能を見極める必要があります。

マーケティングオートメーションに落とせるカスタマージャーニーの書き方
そのツールへの仕事の落とし込みに役立つ一冊が、この「マーケティングオートメーションに落とせるカスタマージャーニーの書き方」(クロスメディア・マーケティング、著者:小川共和)です。

WEBマーケティング初心者にとっては、MAもカスタマージャーニーも耳慣れない言葉ですが、本著を読めば、それらが何を意味し、何のために使われるのか、そして、どのようなに使うべきなのかがわかる内容となっています。

どんなに優れた施策でも実践できなければ意味がありません。本著はそのために必要な方法論を教えてくれる一冊になっています。

まとめ

以上5冊がB to BのWEBマーケティング初心者におすすめする書籍です。B to BビジネスはWEBマーケティングが最も効果を発揮する分野の一つだと言われています。商品購入までの比較検討の期間が長く、複雑な意思決定プロセスを踏むため、その時々に合わせた情報が求められるからです。

アクセスが容易で、他社との比較もしやすいWEBコンテンツは今後のB to Bビジネスでますます大きな役割を果たすでしょう。

これらの書籍は初心者向けということで基本的な内容が多く含まれていますが、それらはWEBマーケティングに携わる中で忘れてはならない部分でもあります。ですから、一度読んで終わりとするのではなく、傍らに置き、事あるごとに見直すのがよいでしょう。今回紹介した書籍がWEBマーケティングに携わる方々の一助になればと思います。