近年、ユーザーにとって有益な情報やコンテンツを提供することで、潜在的な顧客を掘り起こすコンテンツマーケティングが注目されていますが、コンテンツマーケティングを検討しており、何から手をつければわからないと悩む責任者や、うまく成果が上がらず、次の一手に悩む責任者などが増えているようです。

今回は、そんなコンテンツマーケティングに関する書籍を、コンテンツマーケティングの習熟度に合わせて、初級・中級・上級編と3冊に分けてご紹介したいと思います。

■関連ブログ
Webマーケティング責任者にお薦めする厳選3冊

[初級編]
多彩な図解と事例紹介でコンテンツマーケティングの全貌がつかめる1冊

まず、これからコンテンツマーケティングに取り組むにあたって、その全体像をつかみたいという責任者にお薦めするのが、『商品を売るな コンテンツマーケティングで「見つけてもらう」仕組みをつくる』(日経BP社、著者:宗像淳)です。

本書の中では「オーマイグラス」や「レイノルズゴルフアカデミー」など国内・海外企業の事例紹介を交えて、コンテンツマーケティングの全貌がわかりやすく解説されています。また、フルカラーで図解が多いのが特長で、その入門書として、これからコンテンツマーケティングに携わる責任者に最適な1冊となっています。

本書の構成から伝えたい情報の「見せ方」を学ぶことは、今後プロジェクトを進めるにあたって、プロジェクト責任者が社内提案をする助けにもなるでしょう。

[中級編]
コンテンツマーケティングの知識と情報の体系化で、現場のテコ入れに役立つ1冊

次にご紹介するのは、『Webコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書』(エムディエヌコーポレーション、著者:株式会社日本SPセンター)です。コンテンツのコンバージョン率や、コンテンツマーケティングの成果が思うように上がらないことに悩む責任者向けの書籍となります。

コンテンツマーケティングの経験はあるものの、自分の中でうまく消化しきれず、次の一手に悩む責任者にとって、本書の「どのようなコンテンツが効果を発揮するのか」、「コンテンツのアイデアはどう考えたらよいか」、「効果が上がらない時はどのように改善していくのか」といったコンテンツの制作・拡散・チューニングの具体的なノウハウは大いに役に立つでしょう。ビジネスの目標や商品タイプに応じてコンテンツマーケティングの手法を分類し、コンテンツの方向性や戦略の違いについても触れられているので、今後コンテンツをどのように動かしていくのか、その方向性が求められる責任者に必要な知識や情報が体系化されていることが本書の特長です。実務に便利なチェックシートなどのExcel表もダウンロードできるので、責任者として現場へテコ入れを図る助けにもなる1冊と言えます。

[上級編]
コンテンツストラテジーによる戦略の最適化で、プロジェクトを引っ張る助けとなる1冊

最後にご紹介するのは、『今すぐ現場で使える コンテンツ ストラテジー ―ビジネスを成功に導くWebコンテンツ制作 フレームワーク+ツールキット』(ビー・エヌ・エヌ新社、著者:ミーガン・キャシー)です。

コンテンツマーケティングの中で、コンテンツをビジネスの目標へ最適化し、更なるビジネスの成果を求める責任者向けの1冊となります。

本書の中では、「コンテンツストラテジー」として、「最適なコンテンツを、最適なユーザーに、最適なタイミングと、最適な理由で提供するための戦略」が語られています。

必要な予算を確保するためのプロジェクト設計やビジネス目標を正確に把握するためのワークショップ、戦略をチームで共有するための仕組みづくり、戦略をコンテンツに落とし込むためのコンテンツモデルやコンテンツマップといった手法などのコンテンツと人を結びつけるフレームワークやツールは、自社で進めるコンテンツマーケティングへの応用が効きやすく、責任者にとってチームやプロジェクトを導いていくための助けとなるでしょう。

まとめ ―成果を達成するために、まず自分が動く―

今回紹介するのは以上の3冊です。紹介した3冊すべてに共通するのが、ビジネスの目標を達成するために、人やコンテンツを「どのように動かしていくのか」という視点です。ユーザーに最適な情報を発信していくことがコンテンツマーケティングの基本的な考えとなりますが、その責任者には最適な情報を提供するための「最適な情報や知識」が必要とされるのです。
人を動かすにはまず自分から動くことが重要です。今回ご紹介した3冊が、プロジェクト責任者がコンテンツマーケティングの方向性やチームの仕事の進め方を社内でうまく誘導するための助けとなれば幸いです。