セミナー集客

新規見込み客獲得のため有効なのが「セミナー」です。特に高額なサービスを取り扱う企業は、成約に至るまでの検討期間が長いことから、直接自社の強みを伝えることができるセミナーは、見込み客との有効なコミュニケーションツールです。

しかし、競合他社も同様のセミナーを行っている場合、ターゲット層の奪い合いとなります。インターネットにより手軽に情報発信ができるようになった現在では、どこでも当たり前のようにセミナーを開催し、参加者を募集しています。そこで問題となってくるのが集客です。

今回は、セミナーへ効率的に集客するために、WEBを活用する方法ついて考えてみたいと思います。

WEB広告によって感度の高いユーザーにアプローチ

WEB広告のメリットといえば、感度の高いターゲットユーザーにアプローチすることができることです。1件の獲得にかかる費用を算出し、費用対効果を測定することができるため、集客戦略には欠かすことができません。

定番なのが「リスティング広告」。ニーズが顕在化したキーワードに対して出稿することができるリスティング広告は、すぐにでも行動に移す可能性が高い“いますぐユーザー”を囲い込むことに優れています。ただし、成果に繋がりやすい広告と捉えられている一方で、競争によって広告単価が高まっている点が課題となっています。

今人気なのが「Facebook広告」です。Facebook広告は詳細なターゲット設定が可能なため、自社サービスと相性が良いユーザーにアプローチすることができます。実名により様々な個人情報を抱えるFacebookのユーザーは、良質なリストとなります。

また、セミナー開催との相性は良く、Facebook自社アカウントの中でイベントページを作り、ここに広告を出稿することができます。Facebookの登録情報をそのまま利用できるため、フォームに個人情報を入力するユーザーの手間がはぶけ、離脱といった機会損失も防ぐことができます。

セミナー終了後に、セミナー中の写真や内容のまとめをアップしていけば、ユーザーにセミナーの雰囲気を広く伝えることができるため、次回のセミナーに向けた宣伝としても活用することもできます。

コンテンツマーケティングで継続的な成果を創出

継続的にセミナー参加者を獲得する方法として「コンテンツマーケティング」を実施する企業も増えてきました。前述したように、インターネット広告は単価が上がり、競合との競争も激しくなっています。

一方、自社メディアを運営し、コンテンツによって見込み客との接点を創出するコンテンツマーケティングは、成果が出るまでに時間がかかりますが、継続的な関係性の中でユーザーにアプローチすることが可能性です。成約1件当たりの広告費用がリスティング広告を大幅に下回るケースもあります。

また、コンテンツマーケティングのメリットは他にもあり、“潜在的な層を掘り起こす”こともできます。すぐに行動を起こすようなニーズが顕在化されたユーザーの数は限られており、囲い込むためには競合に勝たなければなりません。しかし、コンテンツマーケティングでは、まだ自らのニーズに気がついていないユーザーにも接触し、コンテンツによって“説得”し、行動喚起を行うことができるのです。

ユーザーの課題を解決することで信頼を獲得し、行動を促す。コンテンツマーケティングはセミナー集客にも有効な手法です。

マーケティングオートメーションでタイミングを逃さない

コンテンツマーケティングの効果を高める、現代の強力なサポートツールが「マーケティングオートメーション」です。見込み客の行動を分析し、アプローチの最も効果的なタイミングを逃さないこのツールは、近年注目を集めています。

メールアドレスなど見込み客のリストを登録しておくことで、それらの見込み客がサイトに訪れた際の行動履歴を記録し分析することができます。セミナーの申し込みに至らなかったものの、セミナーの概要を閲覧したユーザーや、申し込みフォームを途中まで入力して離脱したユーザーの情報を管理者に知らせます。自社のセミナーに参加する意欲があるユーザーを知ることができるため、アプローチするべきタイミングを逃すことがありません。

また、メルマガ機能を利用し、情報発信をおこなうことで、開封率やクリック率を分析し、それぞれのユーザーが何に関心を持っているかを分析することも可能です。そうすることで、一人ひとりの見込み客に、その人の関心が高いテーマのセミナー情報を与えることで、セミナー参加の可能性も高めることができるのです。

まとめ

いかがでしょうか。インターネット広告を利用したことがある企業は多いものの、コンテンツマーケティングとなると「成果が上がるまでに時間がかかる」といった理由から、なかなか踏み切れないといった企業は多いようです。しかし、広告の単価が上がり続ける今、コンテンツマーケティングの重要性は増しています。メディアを育てることができれば、継続的に成果を生み出す“資産”となります。また、その成果の可能性を高める新たなツールも登場しているため、その活用の幅も広がりました。広告だけではない多角的なアプローチを検討してみてはいかがでしょうか。