FAQ お悩み

​なぜコンテンツを作ることで​集客・集患が可能になるのですか​?

インターネットの普及により、ユーザーは広告に関して非常に繊細になっています。​何か疑問に思ったこと、不安に感じたことがあれば、まずはそれに付随するキーワードを検索し、ページに上位表示されているものから順にユーザーは目を通します。

​例えば医療関連の事例であれば、胸の痛みを​感じているAさんがいるとします。重篤なものであれば直ぐに病院を検索するでしょうが、なんとなく胸に違和感を覚える程度では本格的に受診しようとは思わないはずです。このAさんがインターネットで検索する際に、「なぜ胸が痛むのか原因が知りたい」という観点からキーワードを検索するとすると「胸 痛い 原因」や「胸 病気」などで自分の悩みを解決する「コンテンツ」はないかを探します。

そこから、クリニックや病院が配信する「コンテンツ」が上位表示されていれば、Aさんがそのコンテンツを読み、問い合わせという導線が生まれます。(サイト内での導線設計に関してはこちらのブログをご覧ください。)

​ここで重要となるものが、通常のSEO対策とは異なりユーザーの知りたい情報を配信しているコンテンツが重要であるということです。コンテンツをやみくもに作るのではなく、ユーザーにとって有益な情報をコンテンツとして配信することは、広告ではなくあくまで「情報」です。その結果として問い合わせに繋がる=集客・集患ができるというユーザーの流れができます。

よってホームページやWebサイト上にコンテンツをアップすることで企業や医療機関は集客・集患をすることが可能となるのです。この導線設計は非常に重要です。どのように作ればいいのだろうか?といった些細なご質問も承っておりますので、まずは一度お問い合わせください。​

関連ブログ
ユーザーに寄り添うコンテンツが安心を生み出す
必要な情報を正しく発信してユーザーの背中を押す

お役立ち資料を無料公開中!

ページの先頭へ