世の中のオウンドメディアから魅力的なコンテンツをピックアップ。コンテンツ制作のノウハウを学び取る『幻冬舎式コンテンツ研究』。今回はワークサイトの「血の通ったテクノロジーで創造的『衝撃』を起こす」というコンテンツを取り上げたいと思います。

ワークサイトは、大手文具メーカー、コクヨ株式会社が運営するオウンドメディアで、「働く環境(=空間インフラ+制度インフラ)のリデザイン」という視点から経営課題にアプローチし、働く環境を考える企業キーパーソンに向け、情報を発信しています。
「血の通ったテクノロジーで創造的『衝撃』を起こす」は、アメリカの大手コンサルティング会社「ボストン・コンサルティング・グループ」がニューヨークのビル「ハドソン・ヤード」における大胆なオフィス環境作りをクローズアップしたものです。社内の社員同士の接点を増やし、会話や発見の機会を増やすオフィス設計を施したことでワーカーの創造性を刺激しようと試みをレポートしています。
それでは該当記事の構成がどのようなものなのか、早速みていきたいと思います。

既成概念を覆した大胆なオフィスレイアウト


「ボストン・コンサルティング・グループ」では、「未来のオフィスとは、仕事のために来るだけの場所ではない。ワーカー同士が個人的なつながりを作る場所だ」と考え、従来のオフィスとはかけ離れた独創的かつ開放的なオフィスレイアウトでコミュニケーションの向上を図っています。
例えば3層ごとに吹き抜けになっているフロア中央に、設けられた巨大な階段は、新しいコンセプトの象徴的なレイアウトになっています。巨大階段を上下りすることで横だけでなく縦の人間同士のコミュニケーション率を図れるようにしています。
コラムでは実際の吹き抜けになっている階段の画像も掲載しています。吹き抜けの階段は、およそオフィスとは思えない、素敵空間になっていることに驚かされ、この会社で行っている「未来のオフィス作り」について多くのユーザーが興味を惹かれることと思われます。
開放的なのは階段スペースだけに限ったことではなく、ボストン・コンサルティング・グループは、オフィスの89%はオープンスペースになっています。社内のワーカーはラップトップパソコンを持って社内の好きなスペースで作業ができます。席が固定されず、自由に移動することは、「異なるスペースで、異なるスタッフと、異なる会話をすること」を可能にしています。ワーカーの会話が増えたことで社内コンセプトである「衝撃」が起き、「無駄な時間や会議が少なくなった」と、エグゼクティブ・マネージャーは語っています。

独自開発アプリでさらに「衝撃」を加速


サイトの中では、文章とともに、おしゃれな社内風景の写真がいくつか並んでいます。どの写真もオフィスと直感できるものはなく、癒し系のカフェや最先端のショールームのようです。
「ボストン・コンサルティング・グループ」のオフィスは、同じようなデスクや椅子が並ぶ、よくある会社の風景に対する既成概念を完全に覆したといえます。
コラム後半部分では、こうしたレイアウトなどアナログ的な要素から離れ、デジタル面については説明がなされています。
代表的な社内最新テクノロジーとして、会社で独自したアプリを紹介しています。独自開発したアプリでは、個人の位置情報、会議室の予約やチェックイン、領収書のスキャニングやスケジュール確認などの機能を網羅。このアプリによって、会いたい同僚を見つけ、すぐ会うことができます。物理的なソーシャル・ネットワークを実現しているのです。こうしたことから会社コンセプトである「衝突」をさらに効率的に増やしているのです。
しかし、デジタル面の部分はコラム後半でサラリとふれているのみで、前半のアナログ的レイアウトを書いた文章に比べ、ボリュームが少ない構成になっています。
大元のコンセプトである「衝突」は、アナログ、デジタルの両面で効率的に実現しているといえるため、アナログ面についてもイラストや写真、事例などを差し込み具体的な説明があってもよかったのではないかと思います。全体的に、おしゃれな外国のインテリア雑誌の作りのようになってしまった印象は、いささか残念な気がします。

まとめ

  • 既成概念を覆した大胆なオフィスレイアウトで開放的で自由なオフィス空間を実現している。実際のオフィスの画像は美しく、読み手側に驚きを与え興味を持たせる通利になっている。
  • レイアウトやインテリアといったアナログ面とともに社内コンセプト「衝撃」を支えているデジタル面についての説明が少なく、コラム全体としては、バランスのよさがやや欠けている印象。