今回はKURAND(クランド)の記事「生酒..生詰め..生貯蔵..何が違う?生酒を分かりやすくご紹介!」をご紹介します。

KURANDは、リカー・イノベーション株式会社が運営するオウンドメディアです。リカー・イノベーション株式会社は日本の酒類を企画から製造、物流、販売までをワンストップで行っており、KURANDもそのビジネスモデルの一翼を担ったサイトになっています。具体的には、日本酒の魅力を伝える記事を公開するだけでなく、各種イベントの紹介や、通販の受付も行っています。
今回ご紹介する記事「生酒..生詰め..生貯蔵..何が違う?生酒を分かりやすくご紹介!」は、日本酒の魅力を伝える記事の一つです。タイトルも本文も、単に用語解説をしている記事にすぎないのですが、だからこそ日本酒の魅力が伝わる内容になっています。
それでは、この記事にどんな魅力があるか、具体的に見ていきたいと思います。

丁寧で分かりやすい説明が想像を掻き立てる

何かを紹介する記事というのは、ボキャブラリーを駆使して、紹介するモノやサービスの良さを伝えようとすることが多いと思いますが、そうした記事は時にうるさく感じてしまうものです。
もしモノやサービスの魅力を伝えたいと思ったら、シンプルかつ丁寧な「解説」に徹するというのも一つの方法だと思います。
「生酒..生詰め..生貯蔵..何が違う?生酒を分かりやすくご紹介!」という記事は、商品を紹介するものではありませんが、日本酒の種類として「生」の表現がいろいろあることを解説することで、日本酒そのものの奥深さを感じさせる内容になっています。
例えば「生酒」というのは火入れ(加熱処理)による殺菌をしていない日本酒のことで、これに対し「生詰め」「生貯蔵」というのは一度だけ火入れを行うものをいい、それぞれ火入れのタイミングが異なります。普通の日本酒は二度の火入れを行うものなので、「生酒」ほどフレッシュではないものの、「生詰め」「生貯蔵」も普通の日本酒よりも火入れが少ない分、日本酒本来の味わいを楽しむことができます。
おそらく、それぞれの味の違いはわずかなものだと思いますが、だからこそ飲み比べてみたいという気持ちになります。

貯蔵の難しさを伝えることで「生酒」の価値を知らしめる

生とつく日本酒の用語の違いを解説した後は、生酒を保存することがいかに難しいかの解説をしています。この解説を読むと、生酒の貴重さが伝わってきて、なおさら意識して飲んでみたいという気持ちになります。
最後のまとめでは、その流れでKURANDの生酒販売のサービスを紹介しています。サイトの目的である日本酒販売に自然とつなげるマーケティングとしての価値の高い記事であるといえるのではないでしょうか。

まとめ

  • 用語解説を丁寧にすることで、味の違いを確かめてみたくなる内容になっている。
  • 生酒の管理の難しさを伝えることで、価値の高さも伝わり、より味わってみたいという気持ちにさせる。