『人材育成サポーター』成功事例を伝え導入を促す

今回は、企業向けeラーニングプラットフォーム『AirCourse』を提供するKIYOラーニング株式会社が運営する、人事担当、人材育成や教育担当者向けのオウンドメディア「人材育成サポーター」の記事をピックアップ。『eラーニングの効果的な活用方法』という記事を紹介します。

実績がある領域で事例を交えて解説

これまで、IT企業や飲食チェーン、金融機関など幅広い業種、で人材育成や教育に関するコンサルを実施してきたKIYOラーニング株式会社。
サービスを提供するなかで、「人材育成に関する他社の成功事例を知り自社でも活用したい」「教育研修に関して最新情報や正しい情報がうまく見つけられない」といった悩みは各社共通であること、これら課題解決へのサポートニーズが非常に高いといったことがわかり、人材育成に特化したオウンドメディア『人材育成サポーター』を立ち上げたそうです。

「他社の成功事例を知り自社でも活用したい」。これは課題を抱える企業、担当者は誰もが考えることではないでしょうか。被かすの人材育成に携わってきた同社であれば、説得力のあるコンテンツ作成が可能です。実際に、「eラーニングの効果的な活用方法」の中では、6つの活用方法が紹介され、それぞれのメリットをわかりやすく解説しています。

執筆者の掲載で信頼感を醸成

近年のGoogleアップデートにて評価されると度々噂されている「執筆者情報」。特に医療系のメディアやブログでは疑いようの無いほどに影響が出てきていると感じています。ただ、医療系に限らず、どのようなバックグラウンドを持つライターがこの記事を書いているのか、執筆者情報を記載することは、どのジャンルにおいても評価の対象になると考えられます。ユーザビリティ的にも、執筆者の情報があることで、情報への信頼感を抱くことができます。今後のメディア運用においては重要な要素のひとつでしょう。

まとめ

  • 実績のある領域でプロフェッショナルが情報発信
  • 執筆者情報を明確に記載して信頼感を醸成する