今回はFROGGYの「時給が一番高い仕事は、株式投資だ!〜www9945さん【第3話】」をご紹介します。

FROGGYは、大手証券会社であるSMBC日興証券が2016年11月から運営しているオウンドメディアです。投資に関するさまざまな情報を、初心者にもわかりやすく掲載。記事を読んで興味を持ったユーザーは、記事から手軽に株を買うことができるサービス展開しています。

該当記事はwww9945さんの連載「人生変えたきゃ投資人生」の第3回です。第1回はサラリーマン時代から投資収入のみに切り替えた筆者の経験談、第2回は、株を始めたことによって変化する交友関係がテーマになっています。第3回の今回は、効率よくお金を稼ぐ方法。これも大きなテーマは投資であることに変わらないのですが、競馬と比較したイラストで、より身近に感じられるのがポイントです。

それでは、もう少し記事について詳しく見ていきましょう。

インパクトのあるイラストのトップ画面でユーザーを惹きつける

該当記事の連載は、記事タイトルの前に記事内のマンガをトップに持ってきているのが特徴です。登場人物の吹き出しには、株とはおよそ関係のない言葉、今回なら〝競馬〟が吹き出しに入っているので、ユーザーが「なんだろう」と興味をひく仕掛けになっています。

イラストの下に「時給が一番高い仕事は、株式投資だ!」と一行で終わる短いタイトルが入っていて、タイトルの下から、すぐにマンガが始まります。

登場人物は、筆者とカエルのキャラクター。筆者とカエルの掛け合いでストーリーが展開していきますが、マンガは競馬を中心にした自虐的な話で、マンガらしくクスッと笑えるストーリーになっています。

気持ちがほぐれたところで、筆者の競馬を絡めた投資についてのコラムが始まります。マンガの最後でも〝競馬で損するよりも投資のほうがハイリターン〟ということを説いて締めているので、投資は難しいという先入観を忘れてスムーズにコラムを読むことができます。

わかりやすく伝えることで投資家の裾野を広げる

競馬も株の投資もギャンブル的な要素があることは共通しています。競馬をやってきた人の中には、投資に難しいという先入観をもっている人もいるかもしれません。また競馬などのギャンブルを好まない人は、投資にギャンブルのようなイメージを持ち、手を出さないと決めている人もいるかもしれませんね。

筆者は、〝競馬の馬注〟と〝会社四季報の解説欄〟は似ているといいます。情報分析をもとに結果を予想するということが同じで、筆者自身も両方経験した上で、確実にリターンが得られる株の投資が合理的と結論づけ、時間を割くようになったそうです。

競馬は〝運〟に任せる要素が高く、予測しづらいが、株の投資は、企業を研究することでより確度の高い予測をすることができ、利益を出していると筆者は言います。株価の下落についても運ではなく、必ず理由があるので、たとえ株で失敗したとしても、その時に分析した知識が次の投資に必ず生かせるとしています。

ハイリターンを狙うギャンブラーも、ギャンブルをしない人も、勉強さえしっかりすれば確実に収入につながるのであれば、始めてみようかと前向きな気持ちになれるのではないでしょうか。サイトのコンセプトに沿った記事で、若年層の投資初心者のニーズやマインドに沿った記事といえるでしょう。

まとめ

  • 冒頭に意外性のある言葉を入れたマンガのひとコマを配置し、大きなインパクトとフックの役割を持たせている。
  • マンガの続きとして投資のメリットを伝えるコラムが配置されており、スムーズに最後まで読み通すことができる。