今回はSUPER DELIVERY MEDIAの「雑貨屋さんになりたい方必見!理想のお店を開業するための13のステップ」をご紹介します。

SUPER DELIVERY MEDIAは、株式会社ラクーンコマースが運営するオウンドメディアです。株式会社ラクーンコマースは、国内メーカーをはじめ、小売店やサービス業者が利用する卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」を展開。「スーパーデリバリー」のブランディングを目的としながら、ECサイトを始める方や続けている方に向けてSUPER DELIVERY MEDIAで幅広いジャンルの知見を公開しています。
 「雑貨屋さんになりたい方必見!理想のお店を開業するための13のステップ」では、雑貨屋を始めるときに必要な準備を、順を追って解説しています。ユーザーは雑貨店について「開業準備」から「オープン」にいたるまでの心得や知識を得ることができます。
それでは、該当記事のねらいと構成について詳しくみていきましょう。
 

臨場感のある見出しが秀逸


 該当記事のタイトルにある“13ステップ”は、それぞれまとまった章になっていて、章の本文が始まる前にタイトルと内容にあったイメージ画像がついているので、読む前にどんなことが書いてあるのか、おおよその見当をつけることができます。また見出しが秀逸で、基本は「です、ます」を使いながらも、終始くだけた文章で書かれているのが特徴です。びっくりマークやはてなマーク、話し言葉がふんだんに使われています。
例えば、最初の見出しは「1.構想を練って練ってねりまくる」となっています。単に「構想」とするよりも、必死にアイデアをひねり出そうとする様子が伝わってきます。雑貨店開業を念頭においているユーザーは、お店の方向性や特徴について考える際はまさに「練って練ってねりまくる」という状態になるのは必須といえるので、ユーザーの立場をよく理解した臨場感を感じるタイトルといえます。そのほか6の見出しは「6. お金をかければいくらでもかかってしまう・・・店舗内外装」とし、内装や外装についての見出しとして単に「店舗内外装」とそっけなく表すよりも、思わずつぶやきそうな言葉を見出しにすることで、あるある的なステップごとの悩ましいポイントを思い浮かべることができて、興味深く読み進めることができます。

段階を追って整理しながら知識を蓄積し、関連記事も章ごとに案内する親切設計


本文では、大事なポイントが太文字で表されているため、ひとめで重要であることがわかり、印象にも残ります。またそれぞれの章で、関連した事柄が記載されている別のコラムのリンクが貼られていいて、ワンクリックで興味のあるコラムに飛ぶことができるのは手軽で、親切な設計といえます。
開業までの膨大な情報を含んだ文章ですが、文体が軽やかなため、非常に読みやすく、また段階を追って理解できるので、散漫になりがちな思考を整理しながら、準備をすすめることができます。また、ユーザーは、現実に開店準備をする前にシミュレーションができ、実用性に富んだコラムといえます。

まとめ

  • 親しみやすい文体で読みやすく、ユーザーの立場を理解し、寄り添った内容を展開している。
  • 膨大な情報量を段階的に整理しながら理解できる。