世の中のオウンドメディアから魅力的なコンテンツをピックアップ。コンテンツ制作のノウハウを学び取る『幻冬舎式コンテンツ研究』。今回は乙女のお財布というサイトの「お金も恋愛もハッピーになるための法則」というコンテンツを取り上げたいと思います。

乙女のお財布は、独立系証券会社である東海東京証券株式会社が運営し、働く女性のために「計画的な資産形成の大切さ」を伝える情報を発信するオウンドメディアです。
「お金も恋愛もハッピーになるための法則」は、女性なら誰もが考える“結婚”をキーワードにコラムを展開しています。該当のサイトや記事がどういった特徴があるのか、早速見ていきたいと思います。

女性誌のようなキレイめな印象でコンテンツを構成

運営サイドは、若い女性が“投資”というと複雑で堅苦しいイメージを持っていることを十分理解し、初心者の女性がスムーズに投資の世界にはいっていけるようにあちこちにくふうしています。トップ画面は白地ベースにピンクやオレンジ、黄色、水色といった明るいカラーが多く使われ、丸みのあるアイコンを並べたポップなデザインで、女性誌の記事のような作りになっています。
見た目同様に、記事内容も親近感をベースに考えられたテーマにしています。
コラムの冒頭では、お金の取り扱いは「貯金から投資へ」という世間の傾向を説き、このため投資信託の人気が上昇していることを述べています。
その後、結婚相手を選ぶときのことをたとえに出し、一気に身近な問題として投資信託を考えられるように展開します。いささか強引な展開にも取れますが、文中にある「長い年月にわたって自分の人生を預けられる」という点は、結婚相手も投資も共通している事実には納得できます。

結婚相手を選ぶポイントと投資のポイントは同じ

結婚相手を外見のよいイケメンというだけで結婚相手を選ぶかと問われれば、たいていの女性はノーと答えるでしょう。結婚は生活の基盤となり、今後の人生設計に大いに関わることになるため、見た目の美しさよりも「性格」や「経済力」「経済力」といった中身を重視するのが自然です。つまり投資信託も同様で、なんとなく決めることはリスクが大きく、投資信託の「事業内容」や「顧客」「サービス」など本質を知ることが大事と説いています。
その後の連載では「リスク分散」や「リスクの許容範囲」「こまめなお世話」などをテーマに取り上げていますが、いずれも結婚生活にしても投資にしても同じことがいえるという結論に導いています。

まとめ

  • サイト全体が女性誌をまねているような華やかでポップなキレイめなデザインを展開。
  • 一見無関係な“結婚”と“投資”を結び付けた大胆な発想力で、いささか強引ではあるが、結論としては結婚と投資のとらえ方は同じとし、投資に対して親近感を持たせている。