世の中のオウンドメディアから魅力的なコンテンツをピックアップ。コンテンツ制作のノウハウを学び取る『幻冬舎式コンテンツ研究』。今回は、マサルでもわかる自転車保険というサイトの「自転車保険を比較して、賢く選ぼう!」というコンテンツを取り上げたいと思います。

「マサルでもわかる自転車保険」は、自転車にまつわる楽しみ方を紹介するサイトや、自転車に関する問題を解決するサイトを運営している、株式会社自転車創業によるオウンドメディアです。
自転車創業では、「マサルでもわかる自転車保険」以外にも、初心者にもわかりやすい自転車選びのコツや、サイクリングルートにある街の観光スポットを紹介し、自転車の楽しみ方を広げるサイト「FRAME」や、東京都内にある月極駐輪場を検索し、会員登録後に提携している駐輪場を使用できるというサイト「PEDALRest」も運営しており、自転車について幅広い情報を発信しています。

それでは、該当記事について、詳しくご紹介していきましょう。

自転車保険の重要性を啓蒙する目的も

健康ブームやエコ意識の向上、災害時の移動を考え、見直されてきた“自転車”という交通手段。自転車通勤をする人口に比例して、自転車の種類やタイプも多彩に。スポーツタイプや電動自転車は大幅に販売台数を伸ばし、プライベートでサイクリングを楽しむ人たちも増えてきました。

ところが浸透率と比べたとき、自転車事故に対する意識は低く、自転車保険の加入率は20%という低さ。自転車の性能が向上し、スピードが出るようになった分、事故がおおごとになるケースも増え、スマートフォンを操作しながらの運転による事故も後を絶ちません。

さらに自転車による事故の賠償額は近年高額化する傾向にあります。自動車の場合は、自動車を所有する人が必ず加入する自賠責保険があるため、最低限の保障を受けることができます。しかし、自転車には自賠責保険加入の義務がありません。

自分が被害者にも加害者にもなりうる危険性を訴え、自動車同様保険に入るべきと強く啓蒙しています。

条件やタイプに合わせた保険を一覧表で紹介

 賠償について危機感を持ったユーザーが求めるのは、保険に関する情報。個人によって重視したいポイントが異なりますので、個々のニーズに合わせた保険選びが必要となるでしょう。

そこで、この記事では、多くの人が意識するポイント、たとえば「個人賠償補償の金額」や「補償する対象者」、「事故時の障害補償金額」、「月額保険料」にフォーカスし、重視すべきポイントに合った保険商品を提示しています。ニーズによってタイプを分け、タイプに見合った保険商品の特徴を一覧表にまとめているため、非常に見やすく、比較検討しやすい内容となっています。

まとめ

  • 自転車保険への意識の低さに警鐘を鳴らし、その必要性を啓蒙している。
  • 自転車保険について検討し始めたユーザーに向け、ニーズに合わせた保険商品を比較しやすい一覧表提示し、使い勝手のよい記事構成になっている。