世の中のオウンドメディアから魅力的なコンテンツをピックアップ。コンテンツ制作のノウハウを学び取る『幻冬舎式コンテンツ研究』。今回はニキぺディアの「オロナインでニキビは改善されるのか?実際に試してみたレポート」というコンテンツを取り上げたいと思います。

ニキぺディアを運営しているのは、テレビCMでおなじみのニキビケア製品「プロアクティブ」を取り扱っている「ザ・プロアクティブカンパニー株式会社」です。

ザ・プロアクティブカンパニーは、「世界の人々の暮らしにうるおいを」というコンセプトの元に、スキンケアをはじめ、ボディ&ヘアケア、メイクアップ、サプリメントなど、「美と健康」に関する商品を取り扱っている企業です。
ニキペディアはニキビについて悩むすべての人に向けたニキビケア応援サイトで、中立な立場からニキビケアについて取り上げているのが特徴です。

該当の記事は、「50年以上日本で愛用されてきた軟膏薬オロナイン」がニキビケアに効果があるのかどうかを検証した内容になっています。

以下では、記事の構成と展開のねらいの2点に注目して見ていきたいと思います。

身近な商品を公平かつ丁寧に検証する

日本人なら一度は目にしたり使ったりしたことがある、大塚製薬のベストセラー商品「オロナインH軟膏(以下、オロナイン)」。オロナインは、ニキビ、吹き出物、やけどなどに効能があると謳われていますが、実際の効能について知らない人も多いのではないでしょうか。この記事ではニキビをテーマに誰もが感じる疑問を解消するコラムを展開しています。

コラムでは10代と20代の女性モニターを使い、オロナインをニキビに塗り、ニキビ部分のアップ写真と毎日の使用感と効果、2週間体験した後のモニターの感想をそれぞれ掲載しています。
実際にモニターが体感したことをそのまま掲載しているので、臨場感があり、参考例として信用できるレポート記事になっているのが特徴です。

おしつけがましいPRはせずに良心的な記事作りに徹している

 今回のコラムと同様にほかのコラムでもザ・プロアクティブカンパニーで扱っている製品についてはあえてふれていません。コラム記事の下に「あわせて読みたい」という別コーナーを作り、別コーナーのトップにはプロアクティブの紹介を掲載している自社ページへとリンクしています。またサイト内のすべてのページの右列トップに、プロアクティブのバナーがはってあり、ユーザーを誘導しています。

コラムのテーマとは切り離しているため、おしつけがましい印象は受けません。記事内のテーマに必要な情報と判断した場合、他社製品の医薬品も取り上げ、写真で紹介し、他社へのリンクまで貼っている潔さ。コラム記事の作成についてはきわめて公平で良心的に作成されています。

自社製品のプロアクティブについては、別コーナーの記事タイトルと右上のバナーから視覚に入ってくるため、ユーザーの意識にはさりげなく浸透し、記憶されるという手法を使っています。

まとめ

  • ユーザーの興味を惹くメジャーなベストセラー商品をテーマに取り上げ、多くのユーザーが身近に感じる疑問を丁寧に検証している。一般モニターの体験記は臨場感があり、サイトへの信頼感の醸成になっている。
  • コラムではあえて自社製品のPRを出すことはせず、一貫してテーマについて掘り下げている。あえて、おしつけがましいPRは一切しないという手法を使ったサイトになっている。