SINGLE HACK

各業界のオウンドメディアのコンテンツを研究して、コンテンツマーケティング成功のヒントを探る『幻冬舎式コンテンツ研究』。今回はSINGLE HACKの「首都圏のJR駅の始発駅を全てまとめてみた!(その土地の平均賃貸相場つき)」をご紹介します。

一人暮らしのユーザーに向けて

「SINGLE HACK」は、不動産を契約するとお祝い金をキャッシュバックするという不動産仲介サイト「キャッシュバック賃貸」が運営しています。SINGLE HACKは、一人暮らしのユーザーに向けたライフスタイルやインテリア、グルメ、暮らしのノウハウに関するコラムで構成しているサイトです。テーマを掘り下げながらも最終的にはテーマに沿った賃貸物件の紹介やキャッシュバック賃貸のトップページに誘導するすることを目的としているオウンドメディアです。

SINGLE HACK

顕在的なニーズが表れているテーマ

一人暮らしを考えるときに、たいていのシングルの社会人勤務先の沿線で部屋を探します。勤務先の駅に近いことが何よりですが、首都圏にある会社は、都心中央部に集中しています。中央部において家賃は高額で、オフィス用の物件と比べると住居用の物件数は少なくなっています。

今回取り上げるコラムは「首都圏のJR駅の始発駅を全てまとめてみた!(その土地の平均賃貸相場つき)」。では、必然的に沿線部屋を下りながら探し始めるものですが、いっそのこと大幅に沿線を下り、始発駅に住まいを構えるメリットを強調しているのが特徴です。始発駅に住んでいるのであれば、通勤ラッシュの中、勤務先の最寄り駅まですわっていけるという現代人には大変ありがたい恩恵が受けられるため、こういった「テーマ」「キーワード」で情報を検索しているユーザーは一定数存在します。ニーズが顕在的になっているユーザーにアプローチすることで、最終的な自社サービスへの誘導に成功する確率は高まるでしょう。

こうした観点から始発駅での部屋探しを後押しするようにコラム内では、首都圏を走る山手線、京浜東北線、中央線、総武線、埼京線、常磐線の、6時から9時台の始発の本数とワンルーム、1K・1DK、1LDKの平均家賃の相場を紹介しています。

デメリットはあえて説明せず、デメリットを補う提案をたたみかける

始発駅での始発本数と家賃相場を紹介することでユーザーに駅に興味を持たせたら、すかさず該当する駅の物件に誘導し、さらに現実に考えるような流れを作っています。

また山手線の始発の大崎駅、池袋駅をのぞき、他の沿線の始発駅はすわっていけるというメリットはありますが、首都圏中央部からは離れ、会社への通勤時間がかかることは必須です。そのデメリットについてはあえてふれず、たたみかけるように「駅近(徒歩5分以内)の物件特集」のリンクを貼って提案しています。電車の中で過ごす時間が長いのであれば、せめて駅から近い物件をと考えるのは人間の心理をついているといえます。同時にデメリットへの意識を緩和する役割をしています。

始発駅で物件を探すことを肯定し、ユーザーのモチベーションを高め、行動喚起を促す良いコンテンツにまとまっています。

まとめ

  • 一定数確実に存在するニーズを持つユーザーにアプローチ。顕在化したニーズは行動喚起を促しやすい
  • 最後までユーザーのニーズを肯定し背中を押している