今回はNOMOOOの「二日酔いの事後対策!二日酔いになった後に出来るお手軽解消法」をご紹介します。

NOMOOOは、リカー・イノベーション株式会社が運営する、もっとお酒を楽しむための情報発信を行っているオウンドメディアです。
リカー・イノベーション株式会社は、店舗事業や酒類小売業、卸売業、メディア事業とアルコールに関する事業展開を幅広く行っており、このサイトから「楽しいお酒の飲み方」を発信していくことで飲酒に関するイメージの向上を狙っているのだと見られます。
該当記事では、「二日酔い」の解消法をテーマにしていますが、簡潔にまとめられた内容から、なるべく手軽に、そして周りに迷惑をかけずに二日酔いを解消しようという意図がうかがえます。

では、この記事がどのような記事構成でわかりやすく内容を伝えようとしているのか、2つの点に注目して見ていきたいと思います。

二日酔いのユーザーのために、短く簡潔に、そして実用的な記事構成になっている


まず、この記事の特徴は、この記事にたどり着くユーザーを想定して、内容を簡潔にまとめている点にあります。
ユーザーが「二日酔い」の状態にあると仮定して、導入もそこそこに二日酔いの解消法の解説に入ります。文章も要点をまとめた手短なもので、二日酔いの苦しみを手っ取り早く解決する方法を探しているユーザーにとっては、その願望に即した記事になっていると言えるでしょう。内容面でも、まず誰にでもすぐにできる「水分補給をする」から始まり、「汗をかく」など徐々に難易度を上げて、紹介しているのがポイントです。
特に物珍しい情報こそありませんが、それが却って実用性の高さにつながる記事構成となっています。

症状の解消から日頃の備えへと内容をスムーズに切り替えることで、節度ある飲酒を勧めている


タイトルは「事後対策」となっていますが、読み進めるに連れて日頃の「備え」にも言及しているのが、この記事の特徴です。
水分補給やお風呂やサウナ、ツボ押しなどすぐに行動に移せることから記事は始まっていますが、「胃に優しく暖かいものを食べる」というパラグラフ以降は、家での「ストック」を意識した食べ物や薬の紹介となっています。
二日酔いの症状が引かないうちに紹介されては苛立ちを覚え、二日酔いでない時には現実感がないとなりがちなものを、二日酔いの症状が軽減した「最も反省しやすい」タイミングで紹介することで、ユーザーが受け入れやすい状況を作り出しています。
また、紹介の最後に「出来れば薬には頼らずに解消したいところですね」と一文添えることで、節度ある飲酒をほのめかしています。
このように、「飲酒=迷惑」というイメージにならないように配慮された記事を公開することで、飲酒に対するイメージを向上させる狙いがあるのだと推測されます。

まとめ

  • 二日酔いのユーザーのために、その解消法を短く簡潔にまとめ、実用性の高い記事に仕上げている
  • 記事の前半では二日酔いの解消を重視した内容になっているが、途中からは二日酔いへの備えに切り替わっている。薬に頼らない節度ある飲酒を最後にほのめかしているのもポイント