LISKUL

世の中のオウンドメディアから魅力的なコンテンツをピックアップ。コンテンツ制作のノウハウを学び取る『幻冬舎式コンテンツ研究』。今回はLISKULの「バックオフィスの効率化手法9選|起業してから経理・総務・事務に追われないためのポイント・クラウド活用」を取り上げます。

LISKULはソウルドアウト株式会社が運営する、リスティング広告を中心としたWEBマーケティング全般のノウハウを発信するオウンドメディアです。この記事では、起業した際に発生するバックオフィス業務の煩雑さを詳しく解説。スポンサードであるヴェルク株式会社の提供するクラウド型業務・経営管理システム「board」を訴求する記事となっています。

起業してみないとわからないバックオフィス業務の大変さ

LISKUL

まず、この記事のテーマは、スモールビジネスの経営者の悩みや課題を解決し、効率化を図る意義を周知することにあります。昨今、志を持って起業に踏み切る人は増えています。しかし、実際に起業や独立をしてみると、経理や総務、人事に営業など、本業とは別に様々なバックオフィス業務が待っていることに気がつきます。

バックオフィス業務に想像以上の時間が取られ、経営者が事業に集中できないことを嘆いたり、バックオフィス業務を疎かにしたために、会社の運営が滞り、失敗してしまうケースもあるのが現状です。そのような状況に警鐘を鳴らし、解決策を提示することで、起業を支援することが、この記事の目的となっています。

解決策で目を引き、文中で内容を掘り下げる

バックオフィス業務の悩みや課題に対する9つの解決策を先に提示し、文中で問題定義と解決策を掘り下げていく構成となっています。ユーザーは見出しを読むことで、そのパラグラフの結論がわかっているため、何がどう解決されるのかという要点に集中して文章を読むことができます。

また、コンバージョンを促したいトピックを先行させることで、最後まで記事を読まなくともコンバージョンを稼げる構成となっています。他にも、記事の最後にもコンバージョンにつなげたいクラウド型業務・経営管理システム「board」が無料体験できる旨を記すことで、自身が気になるポイントから読み進めたユーザーに対してもフォローを加えています。このように、ユーザーの記事内での行動をよく分析した上で、記事が構成されていることがわかります。

まとめ

まとめ

  • バックオフィス業務への対応が起業後の成否を分けることをユーザーに周知し、その解決策を併せて紹介することで、起業の支援を行っている
  • バックオフィス業務の悩みや課題に対する解決策を見出しとして先に提示することでユーザーの目を引き、文中でその内容を掘り下げる構成となっている。また、ユーザーの行動を意識した卒のないコンバージョンポイントの配置になっている