今回は電源設計の技術に関する情報を発信するオウンドメディア「Tech Web」をご紹介します。

Tech Webは、電子部品メーカーであるローム株式会社が運営する、エンジニアに向けて電源設計の技術情報を発信するオウンドメディアです。
ローム株式会社は、LSIや半導体素子、モジュールなどを展開する電子部品メーカーで、近年はSiCを使ったパワー半導体に力を入れています。
その経験を活かし、電源設計に関する基礎知識から最新ニュースまで情報を網羅することで、初心者からエキスパートまですべてのエンジニアのニーズに応えることで、信頼を獲得し、自社へのコンバージョンを狙っているのだと推測されます。

では、Tech Webがどのようなコンテンツを提供することで、自社へのコンバージョンを狙っているのか、2つの点に注目して見ていきたいと思います。

エンジニア向けに特化したサイトの作りで、ユーザーをサイトのファンに

まず、このサイトの特長は、電源設計に関する情報を網羅している点です。
電源や電力変換・切替回路に必要な電源ICやパワーデバイスについての基礎的な情報から、設計、評価、伝達関数の基本まで詳しく解説しています。
SiパワーデバイスやAC/DC、DC/DCなどの従来技術に加えて、SiCパワーデバイスのような最新技術にも対応しているだけではなく、電源設計に関する技術資料も様々なものが用意され、無料でダウンロードすることができます。そのため、電源設計に携わる初心者エンジニアにとっては非常に有益なサイトとなっています。
他にも、SPICE派生の回路シミュレーターで使える、自社製品のシミュレーションモデルをダウンロードできるなど、エンジニアにとっては至れり尽くせりのサイトの作りとなっています。
電源設計に関してはこのサイトがあれば十分といった内容になっており、ユーザーをサイトのファンにする狙いがあるのだと見られます。

自社製品を用いた技術動向を惜しみなく提供することで、ユーザーとの関係性を強化

また、自社製品を用いた最新の技術動向の解説も、このサイトの特長です。
「TECH INFO」というカテゴリーでは、電源設計に関する最新情報や動向、製品情報を紹介しており、中でも「知って得するキーポイント」や「エンジニアに直接聞く」というコンテンツでは、自社製品を用いてユーザーが得する情報を提供しています。
特に、「エンジニアに直接聞く」というコンテンツでは、自社の製品が実現できることをエンジニア自らが解説するため、同じエンジニアであるユーザーにとっては読み応えのある記事となっています。
ターゲットを絞り込む内容となっているため、多くのユーザーをサイトに集めるというわけにはいきませんが、ユーザーに有益な情報を惜しみなく提供することで、関係性を強化していき、将来的な顧客とすることにつなげているのだと思われます。

まとめ

  • 電源設計に関する情報を網羅したエンジニア向けに特化したサイトの作りで、エンジニアであるユーザーをサイトのファンにしている
  • 自社製品を用いて、エンジニア自らが技術動向を語ることで、具体的な技術動向を知ることができるため、エンジニアにとって非常に有益なコンテンツとなっており、そういった情報を惜しみなく提供することで、ユーザーとの関係性を強化し、コンバージョンへとつなげている