今回は総務の仕事に関する情報を発信するオウンドメディア「somu-lier(ソムリエ)」をご紹介します。

somu-lierは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営する、企業の総務担当者に向けて様々な情報を発信しているオウンドメディアです。
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社では、インターネットサービスプロバイダーサービス「So-net」が有名ですが、法人向け事業としてクラウドを軸にしたITソリューションやWEBインテグレーションなども提供しています。
「総務を結ぶ・つなぐ」をコンセプトに仕事のノウハウや最新情報など提供することで、企業の総務部門やバックオフィスに携わる人々に対する自社の認知度を上げ、自社のブランディングにつなげる狙いがあるのだと思われます。

では、somu-lierがサイトのコンテンツをどのように活用することで自社のブランディングにつなげているのか、2つの点に注目して見ていきたいと思います。

総務の業務に役立つ情報を幅広く揃えることで、「実用的なサイト」としての印象を強くする

まず、このサイトの特長は、総務の業務に役立つ情報やノウハウが幅広く揃えられている点です。
働き方改革や就活ルールの廃止といった時事的なテーマを始め、採用や各種届出、経理やセキュリティなど、企業を円滑に動かすために必要となる様々な情報を提供しています。
「新時代の面接手法! 採用を効率化するオンライン面接とは」という記事では、今後主流となっていく可能性もあるオンライン面接のメリットやデメリット、サービスの例などをいち早く紹介しています。
また、業務に関わる内容だけでなく、女性社員に人気の習い事や、おすすめの宴会会場や贈答品など、気軽に読めるコンテンツもあり、ユーザーに「使えるサイト」としての印象を強く与えています。

業務に関する悩みや疑問に直接答えることで、総務に携わるユーザーの信頼を集める

 ユーザーの抱える悩みや疑問に直接答えるコンテンツも、このサイトの特長です。
「みんなのギモン」というコンテンツでは、ユーザーが質問フォームから送った悩みや疑問に運営側が直接答えて、アーカイブ化されており、まさに「ソムリエ」といったサイトの作りになっています。
他にも、「総務のおいしい話」というコンテンツでは、企業が有効活用できる制度や業務サービスの紹介をしており、総務に携わるユーザーの信頼を集めているのだと見られます。
このように、サイトのコンテンツを通じてユーザーの業務をサポートしていくことで、信頼を獲得し、自社のブランディング向上につなげているのだと推測されます。

まとめ

  • 企業を円滑に動かすために役立つ、総務の業務に関する情報を幅広く揃えることで、ユーザーに「使えるサイト」としての印象を強く与えている
  • ユーザーの悩みや疑問に直接答えるコンテンツや、総務の立場から有効活用できる制度やサービスを紹介するコンテンツで、ユーザーの業務をサポートし、信頼を獲得している