「BIZ KARTE」

今回は経営とバックオフィスに役立つ情報を発信するオウンドメディア「BIZ KARTE」をご紹介します。

「BIZ KARTE」は、ビジネスクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」を展開する株式会社マネーフォワードが運営し、中小企業や個人事業主の経営とバックオフィスに役立つ情報を発信しているオウンドメディアです。

もともとは2014年から続く、「MFクラウドシリーズ」のための公式ブログでしたが、2017年12月にリニューアルし、ビジネスの立ち上げから、会計・確定申告業務、経費清算や給与計算といったバックオフィス業務の効率化をサポートすることで、自社のクラウドサービスの訴求を行っているのだと見られます。

では、「BIZ KARTE」がどのような情報を発信することで、自社サービスへのコンバージョンにつなげているのか、2つの点に注目して見ていきたいと思います。

話題のテーマを元にしたわかりやすい解説で、ユーザーの信頼を獲得している

まず、このサイトの特長は、ユーザーが興味を持ちやすいテーマを元にした記事で、わかりやすく解説している点にあります。

世間で話題になっているテーマでユーザーの注目を集め、そこから経営やバックオフィス業務に関する情報を提供することで、ユーザーがイメージしやすい作りになっています。

例えば、「プロ野球選手の契約金は『税金が安い』 “契約金1億円選手”の納税額を試算してみた」という記事では、プロ野球選手の契約金を使って、「臨時所得」や所得税の計算方法など、所得税についての知識をわかりやすく伝えています。

こうしたコンテンツによりユーザーの信頼を獲得し、業務効率化をサポートする自社サービスを強くアピールしているのだと思われます。

ユーザーの会社設立を手厚くフォローすることで、自社サービスへのコンバージョンを狙っている

また、会社設立に関する情報を網羅しているのも、このサイトの特長です。

「会社設立の流れ」から「登記書類(定款)の書き方」、「資金調達(融資/補助金/助成金)」や「会社設立した後にすること」、「税金や節税のコツ」など、幅広いコンテンツをそろえています。

法的な手続きに関するものに加え、「『同じ社名』の2つの出版社、社長が混乱訴え…『社名かぶり』どう防ぐ?」など、会社設立に当たって発生した思わぬ事態への対処まで、ユーザーが会社設立で困った際の「駆け込み寺」的なサイトとして作られています。

こうした情報により中小企業や個人事業主をバックアップすることで、自社のブランディング向上を図り、最終的には自社サービスへのコンバージョンを狙っているのだと推測されます。

まとめ

  • 世間で話題になっているテーマを元に、経営やバックオフィス業務に関する知識をわかりやすく解説することで、ユーザーの信頼を獲得している
  • 法的な手続きから会社設立後の思わぬ事態への対処まで、会社設立に関する情報を網羅することで、ユーザーを手厚くフォローし、自社サービスへのコンバージョンを狙っている