本日は富裕層向けの情報を発信しているオウンドメディア「ゆかしメディア」について取り上げます。

ゆかしメディア」とはゆかしウェルスメディア株式会社が運営する、富裕層や成功者にふさわしい情報を発信する富裕層向けオウンドメディアです。
ゆかしウェルスメディア株式会社では、「YUCASEE(ゆかし)」という、純金融資産1億円以上の富裕層の方だけが入会できるプライベートクラブをオンライン上で運営しています。普段はプライベートクラブ内で完結している情報をこのサイトで公開することで、入会資格を持つユーザーの興味を引き、自社のサービスの認知度を上げる狙いがあるのだと思われます。

では、「ゆかしメディア」がどのようなコンテンツでターゲットの満足度を高め、自社サービスの認知度を向上させているのか、次の2つのポイントに注目したいと思います。

富裕層向けの独自のノウハウを提供することで、ユーザーの満足度を高める


このサイトの特長は、資産形成のためのノウハウを伝える「メイク・マネー」というコンテンツです。
税務調査に入られる確立が50%以下になる方法」や「10億稼ぐ 富裕層のための不動産投資法」など富裕層向けならではのノウハウが並びます。
元国税調査官や、若くして不動産投資で成功した不動産会社の代表などが記事を監修することで、富裕層向けの自社サービス「YUCASEE」を強く印象付ける作りとなっています。
また、記事の内容を「ここだけの話」とすることでノウハウの希少性、有益性を高め、ターゲットとするユーザーの満足度を高める狙いがあるのだと推測されます。

富裕層向けの徹底したコンテンツで、ユーザーの連帯感を高め、認知度向上へつなげる


クオリティライフ」というコンテンツでは、より富裕層向けの色が強くなっています。
料亭やリゾートホテル、豪華客船などについての情報を、豊富な画像と共に紹介することで、富裕層だからこそできる特別な体験へユーザーを誘っているのが特長です。
世界にたった一つ、モンブラン2億円の万年筆」という記事では、一点ものの万年筆を詳しく紹介することで、そういった希少で高価なものに興味を持つことをポジティブに解釈しています。
富裕層が自身にふさわしいと思える記事を提供し、満足させることで、ユーザーの連帯感を高め、自社のサービスの認知度向上につなげているのだと見られます。

まとめ

  • 富裕層向けの資産形成のためのノウハウを「ここだけの話」として伝えることで、その希少性や有益性を高め、最終的にターゲットであるユーザーの満足度を高めることにつなげている
  • 料亭やリゾートホテル、豪華客船など、富裕層向けに徹底した内容の記事で満足させることで、ユーザーの連帯感を高め、自社サービスの認知度を向上させている