今回は急速冷凍に関する情報を発信するオウンドメディア「春夏秋凍」をご紹介します。

春夏秋凍は、日本で唯一の急速冷凍機の専門商社であるデイブレイク株式会社が運営する、急速冷凍機、急速冷凍庫、瞬間冷凍機など、急速冷凍に関する情報を発信するオウンドメディアです。
デイブレイク株式会社は、複数の大手急速冷凍機メーカーの機械を扱う権利を有しており、その経験を活かした冷凍や解凍、保存に関するノウハウやデータを公開することで、ユーザーが急速冷凍機を比較検討できるように紹介しています。こうしてユーザーの信頼を獲得することで、製品導入へのコンバージョンを狙っているのだと見られます。

では、春夏秋凍が、どのようなコンテンツでユーザーの信頼を獲得し、コンバージョンを実現しているのか、2つの点に注目して見ていきたいと思います。

急速冷凍に関する情報を網羅することで、その必要性をわかりやすく伝える

このサイトの特長は、急速冷凍というニッチなテーマではあるものの、自社の豊富な取引経験から急速冷凍に関する情報を網羅できている点にあります。
「急速冷凍とは?」というコンテンツでは、これまでの冷凍技術の歴史や課題を紐解くことで、なぜ急速冷凍が必要なのかをわかりやすく伝えています。
さらに、急速冷凍についてもっと詳しく知りたいユーザーに向けて、「知って得する!冷凍コラム」というコンテンツを用意しています。このコラムの記事は、食品の冷凍や解凍、保存に関するノウハウやデータを元に構成されており、様々な切り口から急速冷凍で可能になることをユーザーは知ることができます。

食品凍結デモから凍結テストルームの予約、そして導入へというCVの動線がしっかりとできている

 また、急速冷凍機を導入するまでの動線がしっかりとできているのが、このサイトの特長です。「食品凍結デモ」というコンテンツでは、過去の凍結テストの一例を紹介しており、ユーザーに急速冷凍がどのようなものかをわかりやすく伝えています。
例えば、「【ラーメンの凍結】急速冷凍デモ」では、油分が多く、冷凍することが難しいラーメンでも、急速冷凍機を使えば、時間短縮と鮮度の保持が可能になることを丁寧に解説しています。インパクトだけでなく、きちんとした理論を伝えることで、ユーザーを導入へ前向きにさせる効果があるのだと見られます。
また、急速冷凍機を一度に比較できる凍結テストルームの予約もサイトからできるようになっているため、関心の高まったユーザーを逃すことなくコンバージョンへつなげるサイトの作りとなっています。

まとめ

  • 急速冷凍というニッチなテーマではあるものの、その情報を網羅することで、急速冷凍の必要性をユーザーにわかりやすく伝えている
  • インパクトがあり、論理的な「急速凍結デモ」でユーザーの関心を高めたところで、そのままサイトから凍結テストルームへの予約、導入への後押しをするというコンバージョンのための動線がしっかりとできている