今回はお金や投資に関する情報を発信するオウンドメディア「FROGGY」をご紹介します。

FROGGYは、SMBC日興証券株式会社が運営するオウンドメディア。日々の暮らしと結び付けたお金や投資に関する様々な情報を発信しています。

短時間で簡単に読めるコンテンツ

コンセプトは「お金の常識をカエル。」。お金の話を積極的にすることがはばかられる日本社会の中でも、投資をもっと前向きなものにしていくことを目的として、身近な話題を切り口にコンテンツを作成しています。投資への難しい印象を和らげ、投資初心者にもわかりやすいよう工夫がされています。

コンテンツの特長としては、マンガやイラストを活用した読みやすさが挙げられます。「3分でわかる」シリーズとして、マネープランや投資信託、貯金といったお金にまつわる情報を、サクッと短時間で読めるようになっています。忙しい社会人が、隙間時間にスマートフォンによって情報収集をおこなっている現代では、このような読みやすいコンテンツつくりは非常に重要です。

ユニークなインタビュー記事で投資をもっと身近に

「PERで読み解く」といった連載によって、株価の割高・割安ついてベーシックでわかりやすい解説がある一方、ユニークな連載企画も充実しています。連載「億り人さん、いま持っている株を教えてください!」では、投資によって資産を築いた先輩投資家のインタビューを、「リアル投資家列伝・ 三千萬円投資倶楽部」では、もう少し身近な“資産3000万円クラス”の先輩投資家たちのインタビューを見ることができます。

また、上場企業の社長インタビューも掲載。それぞれの企業の社風や社長の人柄などを知り、“応援したい会社”を見つけることができるのも、FROGGYの特徴でしょう。このように、投資初心者でも気軽に楽しめるコンテンツを用意しつつ、投資へのハードルを下げ、口座開設といったコンバージョンへの誘導を実現しているオウンドメディアとなっています。

まとめ

  • 短時間でサクッと読めるコンテンツはスマホ社会の現代で重要
  • ユニークな企画やインタビューで楽しみながら有益な情報を得られる