経理担当者の業務に役立つ情報を発信するオウンドメディア「経理プラス」をご紹介します。

経理プラス

経理プラスは、業務効率化のためのクラウドサービスを提供する株式会社ラクスが運営しています。株式会社ラクスは、経理清算システム『楽楽清算』やWeb請求書発行システム『楽楽明細』など、業務効率化のためのクラウドサービスを提供する会社です。

では、それら自社サービスの認知及び契約獲得のため、経理プラスが果たす役割を見ていきましょう。

ターゲットユーザーを明確にすると共感度のコンテンツとなる

経理プラスの特長は、経理担当者に向けの情報に特化していること。ターゲットを絞り込むことでより具体的な情報を届けることができるため、ユーザーの悩みや課題に対して非常に共感度の高いコンテンツとすることができます。

例えば、「請求書が送れない!?郵便物集荷サービスの廃止と今後の対応について」という記事では、日本郵政が法人向けに行っていた郵便物の集荷サービスの廃止を受け、それに代わる請求書や納品書の発行・送付サービスとして代案を詳しく解説しています。

幅広いテーマを扱い潜在層にも自社サービスを訴求

また、取り扱っているのは、業務効率化がテーマのものばかりではありません。「教育」というカテゴリでは、新入社員や中途社員の人材の育成に関する情報を。「経理豆知識」というカテゴリーでは、経理に係わる法律や税制、仕訳処理の変更などの最新ニュースを詳しく解説しています。自社サービスの‟業務効率化”に関心がある顕在層だけでなく、日々の業務に関わる幅広いテーマを扱うことでターゲットユーザーの関心を高め、潜在層もうまく取り込むことができているのではないでしょうか。

まとめ

・ターゲットユーザーを明確にすることで、共感度が高いコンテンツ内容となっている
・幅広いテーマを扱い潜在層にも自社サービスを訴求している