WORK×IT

今回は業務の効率化やワークスタイルの改革に関する情報を発信するオウンドメディア「WORK×IT」をご紹介します。

 

「WORK×IT」は、PCの開発、製造、販売を行うVAIO株式会社が運営していますが、コンテンツの内容はPCに関する直接的な情報ばかりではありません。近年、「働き方改革」という言葉に注目が集まっていますが、このサイトでも、ビジネスマンの“ワークスタイル”をテーマとしています。

では、「WORK×IT」がどのようにそれらの情報発信を、自社のブランディングへと繋げているのか、2つの点に注目して見ていきたいと思います。

ワークスタイルを考えることは自社製品のブランディングに繋がる

このサイトで扱う記事の中には、企業の情報システム部門や総務部など、企業の生産性に深く関わる人に向けたものが多くあります。「働き方」「生産性」「組織」といったカテゴリでは、他社の具体的な事例も扱い、現代における「効率のよい働き方とは何か」を考えさせられる内容を扱っています。

そういった生産性についてユーザーとともに考えていく中で、軽くて持ち運びに便利な高性能PC『VAIO』という製品の認知・ブランディングに繋がっていると思われます。

ストーリーを共有し、ファンを育てる

 

「IT」と「VAIOのこだわり」というカテゴリーでは、PCの法人利用に関する情報を中心にコンテンツを揃えています。

特に「VAIOのこだわり」の中では、“安曇野スピリッツ”と称して、自社製品のVAIOがどのような製造過程で、どのような品質管理の下、製造されているのか、豊富な画像と共に紹介しています。

自社の社員の働き方や商品が生まれる裏側を伝える。そのストーリーを共有することで、VAIOというブランドのファンを生み出し、製品ブランディングにも貢献しているでしょう。

まとめ

  • 企業目線から「効率のよい働き方」とは何かを考えさせ、その上で様々なワークスタイルを認めることで、多彩なビジネスシーンで使えるという自社製品のイメージ向上に繋げている
  • 「安曇野スピリッツ」という連載で、自社製品の製造過程やそこでの働き方を詳しく紹介することで、製品ブランドの向上と自社のブランディングに繋げている