本日は保険の見直しに関する情報を発信しているオウンドメディア「保険見直しonline」について取り上げます。

保険見直しonline」とは保険の代理店業を行う株式会社フィナンシャル・エージェンシーが運営する、日々のくらし、結婚や出産、病気や介護といったライフスタイルの変化に合わせた保険の情報を、わかりやすく発信するオウンドメディアです。
これから各種保険について一から知ろうというユーザーよりは、すでに保険に入っていて、ライフステージの変化によって保険を見直そうとしているユーザーに向けたサイトになっています。サイトの目的でもある「個人の保険に対するリテラシー向上」を行うことにとって、自社の無料の相談窓口へのコンバージョンを狙っているのだと推測されます。

では、「保険見直しonline」がどのように保険に対するユーザーのリテラシーを向上させ、コンバージョンへとつなげているのか、次の2つのポイントに注目したいと思います。

知識を前提にポイントを絞った記事となっているが、見込み客を育てるのには効果的


このサイト全体を通じて言えるのですが、保険の比較検討がしやすいように記事のポイントが絞られ、知識のある人にはわかりやすい内容となっているのが特長です。
例えば、「保険の基本」という初心者にも向けたカテゴリーがあるのですが、そこでも保険のことを一から説明するというよりは、この保険によって何に備えるのかという実生活に役立てられるノウハウが詰まった記事が多めとなっています。これによりサイトのターゲットをある程度絞ることになりますが、ユーザーを見込み客へと育てるリードナーチャリングとしては非常に効果的な手法だと思われます。

複数の保険の中からより良い保険選びを手助けすることで無料相談へとつなげている


また、自社の保険の代理店業務の経験を活かし、記事の内容が複数の保険にまたがっていることもこのサイトの特長です。
医療保険とがん保険はもちろんのこと、学資保険と養老保険など、ユーザーのライフスタイルに合わせて、複数の保険の中からより良い保険が選べるようにわかりやすく提案した記事も多いです。
このように、保険についての「知恵を借りる」という視点から、ユーザーのサイトへの帰属意識を強め、信頼を獲得することで、無料相談へとつなげているのだと推測されます。

まとめ

  • あらかじめ最低限の保険の知識を前提とした内容の記事にはなっているが、ポイントを絞ってノウハウを伝えることで、ユーザーを見込み客へと育てる手法としては効果的なものとなっている
  • ユーザーのより良い保険選びを手助けすることで、サイトへの帰属意識を強め、信頼を獲得、無料相談へのコンバージョンにつなげている