今回は自転車保険に特化した情報を発信するオウンドメディア「マサルでもわかる自転車保険」をご紹介します。

マサルでもわかる自転車保険は、自転車webメディア「FRAME」やソーシャル駐輪所サービス「PEDALRest」を展開する株式会社自転車創業が運営するオウンドメディアです。

自社の自転車に関する知識を活かして、自転車に特化した保険を比較、紹介する一風変わったサイトです。通勤や通学でロードバイクやクロスバイクの街乗りが増える中、今後増えるであろう自転車事故に備えて自転車保険をわかりやすく紹介。保険への加入を促進することで、業界に貢献し、自社のブランディングへとつなげていくのが狙いだと推測されます。

では、マサルでもわかる自転車保険がどのようにコンテンツを活用して、保険への加入を促進しているのか、2つの点に注目して見ていきたいと思います。

ユーザーがイメージしやすいようにわかりやすく丁寧なコンテンツを用意している

まず、このサイトで特長なのは、自転車保険という普段はあまりなじみのない保険について猿の「マサル」というキャラクターを用いて、わかりやすく丁寧に解説している点です。

自転車で相手に怪我をさせた場合の補償「個人賠償補償」や自転車で自分が怪我をした場合の補償「傷害補償」など、事故のケースに合わせて詳しく説明されています。

また、ユーザーの自転車に乗る頻度に合わせた自転車保険の紹介など、サイトを訪れたユーザーができるだけ保険のことをイメージしやすいように考慮されています。

自転車保険の内容を丁寧に解説することでコンバージョンへつなげているので嫌らしさを感じない

加えて、このサイトでは、各社の自転車保険について、どこが優れているのかを比較しながらプランを解説しているため、ユーザーは自分に合った自転車保険を簡単に探すことができるのが特長です。「おすすめの自転車保険」や「家族型の自転車保険」といったコンテンツでは、おすすめの自転車保険をランキング形式で紹介しているので、何が必要がわからないというユーザーにも配慮された作りとなっています。

それぞれの自転車保険の解説の最後には、申し込みサイトへのURLが用意されているので、気に入った保険にそのまま加入することができます。
申し込みサイトへの誘導は各社平等で、特に目立つような作りもしておらず、あくまでも保険の内容を丁寧に解説することで、コンバージョンへとつなげているので、サイト全体に嫌らしさを感じないのがこのサイトの特長でもあります。

まとめ

  • 自転車保険の特徴についてわかりやすく、丁寧に解説することで、ユーザーが自転車保険への加入をイメージしやすいサイトの作りになっている
  • 各社の自転車保険の解説の最後に申し込みサイトへのURLを用意しているが、あくまでも保険の内容を丁寧に解説することで誘導しているのため嫌味に感じない