本日は様々な保険に関する情報を発信しているオウンドメディア「保険の教科書」について取り上げます。

保険の教科書」は株式会社ファミリーコンサルティングが運営する、様々な保険に関してのプロである自社社員が執筆した記事を発信するオウンドメディアです。
ファミリーコンサルティングでは、「お客様のお金の悩みを解決すること」をテーマに、ライフプランニングや住宅ローン、相続や保険などのコンサルティングをメインの事業としています。その経験を活かし、保険に悩むユーザーにそのニーズに応える情報を提供することで、ユーザーの信頼を獲得し、自社の無料相談へ誘導する狙いがあると推測されます。

では、「保険の教科書」がどのようにサイトのコンテンツを活用して、無料相談へと誘導しているのか、次の2つのポイントに注目したいと思います。

保険への興味や知識に合わせたコンテンツを用意することでユーザーを引き込む


このサイトは作りはシンプルなものの、「生命保険」「医療保険」「がん保険」「学資保険」「個人年金保険」「法人保険」と各種保険にしっかりと対応しているのが特長です。
それぞれのカテゴリーには、ユーザーのステージに合わせたコンテンツが段階的に用意されており、自分に必要なコンテンツを読み進めることができるようになっています。
例えば、「生命保険」のカテゴリーでは、「Step1:まずは自分に生命保険が必要か知ろう」「Step2:自分にどれくらいの保障が必要なのか知る」「Step3:自分にあった生命保険の選び方」というように、ユーザーの興味や知識に合わせてコンテンツが用意されています。これにより、ユーザーは各種保険で今自分に必要とされているものを詳しく知ることができるため、それがユーザーの信頼を引き寄せているのだと推測されます。

丁寧でわかりやすいコンテンツの流れに合わせてコンバージョンへの動線もしっかり配置


また、コンテンツ内の記事も各種保険に合わせたシミュレーションを元に展開されているので、話の流れがとてもわかりやすい作りとなっています。記事内には図解や表も多く、ユーザーが記事の内容を理解しやすいように配慮されていることが特長的です。
そして、記事の最後には必ず無料相談とダウンロードブックへのバナーが用意されており、コンバージョンへの動線もしっかりしています。ユーザーの疑問に親身に答えることで、ユーザーの信頼を獲得し、そのままコンバージョンへとつなげていく狙いがあるのだと見られます。

まとめ

  • 各種保険のカテゴリーにユーザーの興味や知識に合わせたコンテンツを段階的に用意することで、ユーザーの信頼を獲得している
  • 丁寧でわかりやすい記事の最後に必ず無料相談やダウンロードブックのバナーを用意しており、コンバージョンの動線がしっかりしている