本日は初心者向けに株取引に関する情報を発信しているオウンドメディア「kabu.studio」について取り上げます。

kabu.studio」とは、カブドットコム証券株式会社が運営する、カブドットコム証券の商品・サービスが学べる動画を配信しているオウンドメディアです。
カブドットコム証券といえば、三菱UFJフィナンシャル・グループのインターネット専業の証券会社で、大手ネット証券唯一の完全システム内製化による安定した取引システムの提供を強みとしています。
株取引初心者であるユーザーに向けて、動画を使って株の基礎知識を伝えることで、株取引への興味を刺激し、そのまま顧客へとコンバージョンしていくのが狙いだと推測されます。

では、「kabu.studio」が、どのように動画を活用して初心者の興味を引いているのか、そしてどのように顧客へのコンバージョンをねらっているのか、次の2つのポイントに注目したいと思います。

約3分の入門ガイドで株取引初心者にもわかりやすく商品を解説


このサイトの特長は、動画を中心としたコンテンツで作られているところです。インフォグラフィックを活用する金融系のサイトは多いですが、このサイトほど動画を中心にした作りにしてあるサイトはほとんど見たことがありません。興味本位で訪れたユーザーに面白そう、わかりやすそうといった印象を与えることで、更なる興味を引き出す狙いがあるのだと思われます。
株初心者入門」というコンテンツでは、商品ごとに入門ガイドの動画が用意されており、約3分の動画でわかりやすく解説が行われています。また、同じページには動画の解説としてポイントがまとめられているので、より深く理解することができます。

徹底した動画コンテンツの活用により、積極的に顧客へのコンバージョンを狙う


また、このサイトで興味深いのが「サポート情報」まで、動画で解説されているところでです。金融業界最大級という自社のコミュニティサイト「教えて!kabu.com」の紹介や、自社のトレーディングツール「kabuステーション」の使い方まで、動画の活用を徹底しているのがこのサイトの特長です。
他にも、「セミナー情報」というコンテンツでは、過去に行われたカブドットコム証券主催の投資勉強会や、オンラインセミナーなどを配信しており、ユーザーの自社サービスへの誘導だけでなく、顧客へのコンバージョンを積極的に狙う、意欲的なサイトでもあります。

まとめ

  • 商品ごとに用意された約3分の動画による入門ガイドを活用して、自社の商品をわかりやすく解説している
  • コミュニティサイトの紹介やツールの使い方といったサポート情報からセミナーの配信まで、動画コンテンツを徹底して利用することで、積極的に顧客へのコンバージョンを狙っている