今回は「家探し」や「住生活」に関する情報を発信するオウンドメディア「ARUHIマガジン」をご紹介します。

ARUHIマガジンは、アルヒマーケティング株式会社が運営する、家探しや住宅ローン、住生活と「家」にまつわる情報を発信しているオウンドメディアです。
アルヒマーケティング株式会社の親会社であるアルヒ株式会社は、国内最大手の住宅ローン専門金融機関で、ユーザーにマイホームに関する役に立つ情報を提供することで、マイホーム購入を考えているユーザーの背中を押し、自社のローンの利用へと誘導する狙いがあると推測されます。

では、ARUHIマガジンがどのようにユーザーの住宅購入の夢を後押ししているのか、2つの点に注目して見ていきたいと思います。

住生活に関する情報を、ユーモアを交えて幅広く揃えることでユーザーの興味を引く

 住生活に関する情報を幅広く揃えているのが、このサイトの特長です。自社の経験を活かした住宅ローンのシミュレーションや物件選びの決め手から、ふるさと納税や戸建て向けの宅配ボックスの最前線といった内容まで様々な情報を提供することで、ユーザーがよりいい暮らしを目指したいと思わせるサイトの作りとなっています。
中には、「サザエさんの“磯野家”を建てたとしたら、住宅ローン返済額はどれくらい?」といったリアルなローンの話題の中にユーモアを交えた記事もあり、ユーザーに対して住宅の購入や住宅ローンが身近なものだと思わせる工夫がされています。

マイホーム購入の流れをユーザーにストーリー仕立てで想像させることで背中を押す

 また、このサイトで特長的なのは、「マイホーム購入のための10のステップ」というコンテンツです。
このコンテンツでは、マイホーム購入検討から家探し、物件購入や住宅ローンまでの流れを10のステップに分け、それぞれのステップに関係する記事を読んでいくことができます。ユーザーは自分に合わせた記事を読み進めることで、自分なりのマイホーム購入をストーリー仕立てで想像することができるのです。
そして、「住宅購入ガイド」というコンテンツでは、マイホーム購入までの資金計画や売買契約の流れを詳しく解説しており、併せて読むことで、より具体的な計画をユーザーが立てることができます。

まとめ

  • 住生活に関する情報を、真面目なものからユーモアのあるものまで幅広く揃えることで、ユーザーの住宅購入への興味を高めている
  • マイホーム購入までの流れをユーザー自身が想像できるようなコンテンツを用意することで、マイホーム購入を考えているユーザーの背中を押す