本日は総合的なヘルスケア情報を発信するWEBメディア「Doctors Me(ドクターズミー)」について取り上げます。

Doctors Me株式会社アドメディカが運営している、総合的なヘルスケアの情報を発信するWEBメディアです。
この手のカジュアルなヘルスケア情報を扱ったサイトは、2016年に大きな社会問題まで発展した、「WELQ(ウェルク)」を思い出します。WELQは、信ぴょう性のないヘルスケア情報を大量に投下していたヘルスケアメディアでしたが、SEO対策が万全であるために上位表示されることが多く、検索ユーザーが記事を読んで真に受けてしまい、逆に健康被害を被ってしまうといったことまで起きていました。
多くの批判にさらされて閉鎖に追い込まれたWELQ。その顛末を教訓にして、今日の多くのメディアは、いかに正しい情報を適切なユーザーに届けるか、について研鑽を積むようになりました。
Doctors Meは、そんなWELQ騒動は我関せずと、独自のサービスで業績を伸ばしていたWEBメディアです。しかも、WELQが軽視していた記事の信ぴょう性に対する対策も万全で、大きな問題を起こさず今日まで続いているメディアです。

では、Doctors Meのコンテンツは、WELQとはどこが違うのでしょうか。
次の2つのポイントに注目したいと思います。

必ず専門家による監修がついている

WELQ問題以降、専門家による監修は、情報の信ぴょう性を裏付ける最低限の要素になっています。Doctors Meは、この要素を簡単にクリアしています。というのも、Doctors Meには課金をすると専門家に匿名で相談できるというサービスがあります。

むしろこちらが本業なのでしょうが(広告収入ではなく)、このサービスのために、もともと専門家を相談役として常駐していたので、専門家による記事の裏付けは難しい問題ではありませんでした。

記事の最後に専門家から一言をもらう


記事の内容は、そこまで優れているとは思えません。他のサイトでも見られる内容ばかりです。しかし、Doctors Meの記事は、その記事を監修した専門家に一言もらうことで、その記事の内容が専門家のお墨付きを得ていることをうまくアピールしています。
カジュアルな内容なので読みやすく、しかしカジュアルであるがゆえに薄まってしまう情報の信ぴょう性は、専門家の存在感を記事内で出すことによって、高めています。カジュアルさと信ぴょう性の高さを上手に両立させたところに、このメディアの強みあるのだと言えるでしょう。

まとめ

  • 必ず専門家による監修をすることで記事の信ぴょう性を高めている
  • 内容はカジュアルだが最後の専門家のコメントで信ぴょう性がさらに高まっている