今回はがんに特化した情報を発信するオウンドメディア「がんを学ぶ」をご紹介します。

「がんを学ぶ」は、医療用医薬品メーカーのファイザー株式会社が運営する、がんについてあらゆる知識を学ぶことができるオウンドメディアです。

サイトの目的はファイザー株式会社のブランディングと、がんとがん治療につていの啓蒙になっており、そのためにさまざまな種類のがんの情報や治療法、家族のサポート、がん患者とその家族の金銭的な負担を軽くするための知識といったあらゆる角度の情報が発信されています。

日本人の2人に1人が一生のうちにがんと診断され、3人に1人ががんで死亡しています。
さらに長寿大国である日本において、がんは死因第一位を占めており、ある意味とても身近で、とても怖い病気であることが分かります。
ゆえに、がんに関するWEBメディアは非常に多く、ユーザを獲得するのが難しいのが現状です。

競合サイトが非常に多い中で、「がんを学ぶ」が支持されているのはなぜでしょうか。
以下の2点に注目したいと思います。

患者本人だけでなく家族のためのコンテンツも揃っている


がんに罹り一番つらい思いをしているのは患者本人ですが、家族にもかなりの負担がかかるものです。闘病する患者を支えるためのサポートだけでなく、金銭的にも不安な思いをしている家族は多いのではないでしょうか。

そんな家族のためのコンテンツが充実しているのが「がんを学ぶ」の大きな特徴です。
患者のためにどんなサポートができ、どんな言葉をかけてあげればいいのか、公的サポートや治療費を支援する制度、生活を支援する制度など、精神的・金銭的な不安を軽減するためのコンテンツが数多く発信されています。

がんの知識や治療法についての情報も、もちろん重要ではありますが、数年単位で患者を支えていく家族にも有益な情報を掲載することで、ユーザーの信頼を獲得しているのです。

がん経験者の目線で発信されるアドバイス


がんと診断された患者やその家族は、「もう助からないのではないか」「今後の生活はどうなるのか」「治療費はどうすればいいのか」「仕事は続けられるのか」といった、さまざまな悩みを抱えています。

そんな悩みに“先輩の言葉”という形で答えているのが、「がん患者入門」というコンテンツです。これからがんの治療を始めるあなたへ、これからがんで入院するあなたへ、入院・手術、通院しながらがんの治療を続けるあなたへという4つのカテゴリーに分け、それぞれのカテゴリーに関する情報を発信しています。

単なる情報ではなく、がんを経験している先輩からの言葉にすることで、ユーザーにとって信頼に足るコンテンツとなっています。

まとめ

  • 家族をターゲットにしたコンテンツも充実している
  • がん経験者の言葉がユーザーの共感を生む