今回は快適な眠りと健やかな生活を叶えるためのオウンドメディア「ねむりラボ」をご紹介します。

ねむりラボは、ヘルスケア製品メーカー大手「オムロンヘルスケア株式会社」が運営する、睡眠についてのオウンドメディアです。睡眠についての基礎知識や、快適に眠るためのコツや工夫、体験談、よく眠るための実験など、幅広いコンテンツが発信されています。

睡眠は人にとって欠かせないものであり、生活の一部です。
睡眠不足や睡眠の質の悪さから体調を崩したり、心のバランスを崩したりした経験のある人は多いのではないでしょうか。

日本生活習慣病予防協会の調査によると、日本の成人の約20%が慢性的な不眠に悩んでおり、約15%が日中に過剰な眠気を感じているそうです。つまり5~6人に1人は眠りについて何らかの悩みを抱えているということです。

ねむりラボの目的は、オムロンが発売する「ねむり時間計」や「パーソナル保湿機」といった商品のプロモーションや問い合わせかと思われますが、よくある商品紹介のサイトとは異なり、プロモーション臭を感じないサイトになっています。

それではコンテンツにはどのような特長があるのでしょうか。
以下の2点に注目してみました。

ユーザーから信頼されるコンテンツ


ねむりラボには、「ぐっすリズム実験室」というコンテンツがあります。
これは、モニターを募ってオムロンの商品を使ってもらったり、ヨガや入浴など快眠に効果のありそうなことを試してみたりする実験コンテンツです。

それによって睡眠にどのような影響があるのかを検証しているのですが、実験風景もきちんと画像で紹介され、モニターの顔が見える検証結果ですので、ユーザーにとっては非常に信頼のおけるコンテンツになっています。

実験結果はグラフや表で分かりやすく比較できる


上記のように「ぐっすリズム実験室」では、さまざまな睡眠についての実験を行っています。
しかし、実験風景の画像を使用して、モニターの顔を出して信頼感を得られるようにしても、実験結果が分かりにくかったら、ユーザーの共感を生むことはできません。

そこでねむりラボでは、実験結果のビフォーアフターをきちんとグラフや表にして変わり分かりやすく紹介しています。それによってユーザーは実験がどの程度の効果があったのかを理解しやすく、コンテンツへの満足度も上がっているのではないでしょうか。

まとめ

  • リアルな検証結果が見られるコンテンツでユーザーの信頼感を得ている
  • 表やグラフを駆使してわかりやすい内容にしている