頭痛の症状やメカニズムについて詳しく紹介しているオウンドメディア「スッきりんのバイバイ頭痛講座」をご紹介します。

スッきりんのバイバイ頭痛講座は、医療用医薬品メーカーのファイザー株式会社が運営する、慢性的な頭痛に悩む人に情報を発信しているBtoC向けのオウンドメディアです。
頭痛の種類と症状、治療法や予防法、Q&Aや病院検索など、頭痛についての様々な情報が網羅的に紹介されています。

日本人の3~4人に1人が慢性的な頭痛に悩む、いわゆる「頭痛持ち」といわれており、女性に限れば2人に1人以上が慢性的な頭痛を経験しているそうです。
ところが、これだけ慢性的な頭痛に悩んでいる人が多いにも関わらず、その中で病院を受診する人は3割程度しかいないということが分かっています。つまり、頭痛に悩む人は非常に多いものの、大半の人は我慢をしたり、市販の薬を飲んだり、マッサージを受けたりといった自己流の対処を行っているということです。

スッきりんのバイバイ頭痛講座の目的(コンバージョンポイント)は、頭痛に悩む人が正しい知識を身に着け、自己流の対処ではない適切な治療を受けることでしょう。

この目的を達成するために、どのようなコンテンツを発信しているのでしょうか。
2つの点に注目したいと思います。

頭痛の原因から症状、治療法、薬についてまで網羅的に紹介している


前述の通り、頭痛はその患者数の多さの割に病院を受診する人の割合が非常に少ない病気です。これは、患者が頭痛についての正しい知識を持っていないからです。

そのため、スッきりんのバイバイ頭痛講座には、頭痛の原因や症状、治療法、市販の薬についても詳しく解説するコンテンツが揃っています。まずは自分の頭痛についての正しい情報を得ることで、「病院に行く」という次のフェーズへとアクションを促しているのです。

受診時の不安を解消するコンテンツ


頭痛持ちの人が病院を受診しない理由の一つに、「何科に行けばいいのかわからない」という点が挙げられます。実際に、風邪をひけば内科、怪我をしたら整形外科、耳鳴りがしたら耳鼻科というように、「頭痛がしたら●●科」と明確に答えられる人は少ないのではないでしょうか。

そんな頭痛に悩むユーザーのために、スッきりんのバイバイ頭痛講座では、「病院に行くときは」というコンテンツで、何かを受診すればいいのかを解説しています。

さらに、相談できる病院を検索することもできるので、頭痛についての正しい知識を得たあとに、然るべき病院を探すという自然な流れが作られているのです。

まとめ

  • 頭痛についての正しい知識を網羅的に紹介している
  • 病院を受診しやすくなるコンテンツも用意されている