今回は病気の症状悩み、老化などに対するセルフケアの情報を発信するオウンドメディア「カラダネ」をご紹介します。

カラダネは、わかさ出版が運営する、病気や体調不良、老化といった健康に関する悩みを抱えているユーザーへ、「いま役立つ」「すぐ使える」情報を医師や大学教授、治療家をはじめとする専門家の執筆・監修のもと発信しているオウンドメディアです。

わかさ出版は、28年に渡り健康、ヘルスケアに関する雑誌や書籍を専門に刊行している出版社ですので、医療・健康分野の知見や専門家とのコネクションを有しています。この知見・コネクションを活かして作られているのが、カラダネのコンテンツというわけです。

2017年3月にリリースされ、1年4か月が経過した現在、オーガニック検索数は推定で140万を突破しており、多くのユーザーからの支持を集めています。
この短期間に多くのユーザーを獲得しているのはなぜでしょうか。コンテンツの特徴について、以下の2点に注目したいと思います。

動画や図表、画像を駆使して分かりやすさを追求している


カラダネのコンテンツを見ていると、動画や図表が多く使われていることに気づきます。

例えば、首や腰の痛みに効果のある体操を紹介するときに、文字だけで説明された場合と、動画を見ながら説明される場合では、どちらがユーザーにとって分かりやすいかは言うまでもありません。
また、健康にいいレシピを紹介するコンテンツでも、きちんと撮影された料理の画像が使われており、「美味しそうだな」「作ってみようかな」というユーザーの心を動かす工夫が為されています。

このように、ユーザーから見たときに分かりやすく理解しやすいコンテンツが多くの支持を集めている一因ではないでしょうか。

専門家による裏付けが信頼性を高める


カラダネのコンテンツの多くは医師や大学教授、治療家といった専門家による監修のもと作成されています。
医療や健康に関する情報をコンテンツにするときに重要となるのが、ユーザーにとって信頼できる情報かどうかという点です。
どれだけ素晴らしい内容のコンテンツであっても、ユーザーから見たときに信頼できないと判断されてしまえば、すぐに離脱してしまいますし、2度とアクセスしてもらえないでしょう。
カラダネでは、汗臭さ・体臭・加齢臭対策のコンテンツにも、医師の監修が入っています。
一見すると監修がなくても問題ないように思えますが、このようなライトな内容であってもきちんと監修を入れることで、ユーザーの信頼を獲得しているのです。

まとめ

  • 動画や図表を駆使した分かりやすさを追求したコンテンツ
  • ライトな内容であっても専門家の監修を入れてユーザーの信頼を獲得