今回は骨と関節の痛みに悩む人をサポートするためのオウンドメディア「関節ライフ」をご紹介します。

「関節ライフ」は、整形外科向け医療機器・器械の製造・輸入・販売を行っているジンマー バイオメットが運営するオウンドメディアです。

ひざ、股関節、肩、肘、首、腰などの関節の痛みに関する症状やその原因、人工関節の手術や再生医療を含めた様々な治療法などが詳しく紹介されています。

関節症疾病の患者は日本全国でおよそ125万人いるといわれており、65歳以上の女性に限れば3人に1人が関節痛に悩んでいます。

関節の痛みはクオリティオブライフに大きく影響を及ぼします。
「ひざが痛くて階段の上り下りや買い物に行くのもつらい」「腰が痛くて朝起き上がるがつらい」「股関節の痛みで歩くものつらい」というように、関節の痛みによって日常生活に支障をきたしている人は驚くほど多いのが実情です。

また、日本人は多少の痛みであれば我慢してしまう傾向にあり、病院で受診したときには症状が進行してしまっているケースが多々あります。他の病気と同じように、関節痛も早期に受診した方が治るのが早いですし、治療の選択肢も多いものです。

病院に行くのが遅れてしまったために、手術しか選択肢がなくなってしまった……。
といったことにならないように、関節ライフでは関節痛や治療法について啓蒙することも目的としています。

では、関節痛や治療法と広く知らしめるために、コンテンツではどのような工夫が為されているのでしょうか。以下の2点に注目したいと思います。

関節痛と治療法の情報が網羅されている


ひと言に関節痛と言っても、人によって痛む部分は異なりますし、表れる症状も千差万別でしょう。そのため、関節ライフでは「ひざ」「股関節」「肩・肘」「くび・腰」に分けて、それぞれの痛みの症状や治療法について紹介しています。
それぞれのコンテンツ内では、痛みが出る原因、どんな病気が考えられるのか、病気についての解説、すぐにできる運動に加えて、治療法も詳しく解説されており、ユーザーは痛み(症状)についての詳細な情報を得ることができます。

さらに、自分の症状がどのレベルのものなのかを簡単に確認できるセルフチェックもあるので、病院に行くべきかどうかを計る基準にもなっています。

関節の痛みについての客観的なデータを知ることができる


関節ライフには、「データあれこれ」という関節症・ひざの痛み、人工関節について、シニアライフについての様々なデータが集められたコンテンツがあります。

関節の痛みやそれに付随する情報を、客観的なデータで知ることにより、自分の症状について自覚することができ、病院に行く、自分で運動をしてみるなど、次のアクションを起こすきっかけになっているのです。

まとめ

  • 気になる症状と治療法が網羅されている
  • 客観的なデータによって次のアクションを促している