本日は介護に関する悩みを解決することを目的としたオウンドメディア「わかるかいご」について取り上げます。

わかるかいご」は株式会社インターネットインフィニティーが運営している、「介護」についての情報を発信するオウンドメディアです。

インターネットインフィニティーは、介護を中心としたWEBソリューションサービスを展開するIT企業であり、「わかるかいご」のほか、仕事と介護の両立支援を目的とした「わかるかいごbiz」、認知症のサポートに特化した「わかる認知症」、対面での相談が可能となる施設を案内する「わかるかいご相談センター」なども運営しています。これらのサイトは、「わかるかいご」を中心に連携し合う仕組みになっています。
では、サービスの中心となる「わかるかいご」のコンテンツには、どのような特長があるのでしょうか。
次の2つのポイントに注目したいと思います。

専門家が相談者の質問に答える質問サイト形式で悩みを解決


わかるかいご」のメインとなるサービスが、専門家に相談して回答を得ることができる質問サイトとしての機能です。
質問したり、過去の質問の回答を閲覧するにはYahoo!に会員登録する必要がありますが、介護に悩む全国の一般人から寄せられた相談とその解決方法は、それ自体が貴重なコンテンツになります。体系的ではないため、自分が知りたい情報にたどり着くのは手間がかかりますが、どうしてもという場合は自分が質問者になればいいので、ソリューションサイトとしての機能性は十分と言えます。

基礎知識や用語集の充実


質問するまでもない基礎知識については、「介護のキホン」というカテゴリーで体系的な情報を発信しています。介護の前に準備しておくことや、ケアプランの作成、介護サービスの利用法など、一通りの知識を学ぶことができます。
また、「介護用語を調べる」では、1,000語以上もの専門用語がわかりやすく解説されています。

これらの体系的なナレッジがあることで、相談者と専門家のFAQへの理解がサポートされ、悩みを解決するサイトとしての機能を高めることにつながっているのだと言えます。

まとめ

  • 相談者の悩みとその回答が良質なコンテンツとなっている
  • 基礎的な知識を体系的に発信することでお悩み解決ナレッジの理解をサポートしている