本日はコーポレートサイトの中でお役立ちコラムやブログなどのコンテンツを発信し、集客に成功した「島田薬局」について取り上げます。

島田薬局は、石川県金沢市で漢方薬やスキンケア用品を扱っている薬局です。特に、婦人科疾患や妊娠に関わるカウンセリングも行っており、不妊治療を行っている方のサポートをしています。
そのコーポレートサイトでは、不妊に悩む方のためのお役立ち情報や、店主のブログなどを定期的に発信することで、遠方を含めた幅広い地域からのカウンセリング予約を獲得し、効果を上げました。

島田薬局のコンテンツにはどんな特長があるのでしょうか。
次の2つのポイントに注目したいと思います。

やわらかいタッチのデザインやイラストで居心地の良いサイトにして記事を読みやすくしている

不妊治療で検索をする方は、なかなか子宝に恵まれないことに悩み、家族からのプレッシャーで追い詰められていることが多い状況にあります。心がつらい状態では、シンプルなサイトなどは無機質に感じられて居心地が悪くなるでしょう。
島田薬局のサイトは、全体的に質感のあるやわらかいタッチのデザインで統一されており、使用されているイラストも手描き感のある親しみやすいものになっています。
こうした配慮が、ユーザーが落ち着いて記事を読む滞在時間の長さやCV率の高さにつながっていると考えられます。

ブログを続けることでユーザーのファン化を促している

日記型のブログを、月に2回ほどのペースで更新しています。内容はプライベートなことから、最新の研究領域までさまざま。
体系的な知識ではなく、まさに覚え書きのような内容ですが、どれも独特な考え方や感想が入っているため、とても読み応えのある記事になっています。
このブログによって、不妊カウンセラーである店主の考え方や人柄がユーザーにも伝わり、「この人のアドバイスを受けながら治療をしたい」という思いが高まります。またサイトの更新が続くことになり、SEOにも効果を発揮するコンテンツと言えます。

島田薬局は地方の一薬局にすぎませんが、不妊治療を漢方薬の面からサポートするという独自性の高い強みを十分に生かしたコンテンツを作り、それをふさわしいデザインと形式で見せているというところに特長があります。伝えたいユーザーに適切な方法で伝えたいことを伝える、それがどれだけ大切なことかを感じさせるサイトです。

まとめ

  • ターゲットユーザーの心に寄り添ったデザインで居心地の良いサイトにしている
  • 体系的でない知識や考え方もブログ形式で発信することでファンを増やしている