今回は小さなお子さんを持つパパママにはお馴染みの「小児科オンラインジャーナル」をご紹介します。

「小児科オンラインジャーナル」は、株式会社Kids Publicが運営するオウンドメディアです。

医療系オウンドメディアの運営は非常に難しいと言われています。
医療に関する情報は、間違った情報を発信してしまえば、人の命に関わる可能性がありますし、例え情報が正しくてもユーザーから信頼を得るのが難しいからです。

「小児科オンラインジャーナル」は、どのようにしてユーザーから信頼されるオウンドメディアになったのでしょうか。
以下の2つのポイントに注目していきます。

すべてのコンテンツが医師によって執筆・監修されている


「小児科オンラインジャーナル」では、すべての記事が現役の医師によって執筆・監修されています。情報の正確性、信頼性が求められる医療系オウンドメディアとして、これは重要なポイントでしょう。ましてや、「小児科オンラインジャーナル」のユーザーは小さなお子さんを持つ親です。子供のことになると自分のこと以上に心配症になる方はかなり多いのではないでしょうか。

そうしたユーザーも安心して利用できるのが成功の秘訣の一つと言えるでしょう。

不安や悩みを直接相談できる



各記事の末尾には、ユーザーが気になったことを直接相談できるサービスのリンクが貼られています。
記事を読んで、内容について詳しく知りたい・聞きたいと思ったら、LINEやチャット、電話などで相談できるしくみです。

さらに、その相談内容を基に新たなコンテンツが作られることもあります。
ユーザーが知りたい情報をコンテンツにするわけですから、共感を得やすいことは言うまでもありません。

まとめ

  • 医師による執筆・監修で信頼性の高い唯一無二のコンテンツに
  • 直接相談から作られる共感を生むコンテンツ