シングメディア

今回はシングメディアの「動画やYouTubeに最適なアスペクト比(画面比率)は「16:9」?代表的な種類4つ【解像度一覧表付き】」をご紹介します。

該当サイトは、サイト名と社名が同じTHINGMEDIA(シンクメディア)株式会社が運営するオウンドメディアです。THINGMEDIAでは映像や動画、コンテンツを制作。今回取り上げるコラムは、動画を制作する上での基本、「アスペクト比」と「画面解像度」について解説しています。

シングメディア

動画を効果的に見せるための基本

いまやパソコン(PC)やスマートホン(スマホ)で当たり前のように見かける動画。プロではなく、一般の人でもSNSなどで上げているのを見ると自分でも作ってみたくなることでしょう。動画のワクになる画面サイズを最初に決めておくのは、大きなポイントです。

画面のサイズは、映像を映すデバイスごとに変わってきます。PCにはPCの、スマホにはスマホにおいて、映した際に適した縦と横の比率があるのです。その比率をアスペクト比(画面比率)といいます。その数字を把握してから動画を制作していなければ、意図したものとはかけ離れた映像になってしまう場合があるのです。

アスペクト比と解像度の把握は必須

アスペクト比に合わせ、最適な画素数(ピクセル数)があります。縦横の画素数(ピクセル数)を解像度(画素解像度)といいます。コラムを読むと、自分で動画を作る上では、アスペクトと解像度を知ることが基本となるのがわかります。さまざまな比率を提示する一方、推奨している数値も掲載しているので、自由に選ぶこともできますが、動画制作初心者は推奨しているものがあると、ぐっと安心感が強まります。推奨された数字やほかの数字を使ってプロット版を作り、映像を比較してちがいを把握するのも可能になります。

また、例として実際に見える画像が上げられているのはわかりやすく、動画のまわりに表れる黒い帯についても詳しく説明しています。
コラムの本文の下には、「映像制作の依頼・見積もりの依頼」、「求人案内」のCTAを設け、興味を持ったユーザーをスムーズに導けるようになっています。

まとめ

  • 動画制作の初心者に向け、効果的な方法をていねいに解説している
  • コラムを読んだユーザーに信頼性を持たせ、事業展開や求人募集へつなげている