予約ラボ

今回は予約ラボの「美容院店長兼飲食店オーナーに聞く、顧客体験を高めるための予約の役割とは?」をご紹介します。

予約ラボは、クラウド予約管理サービスの企画・開発・販売および予約に関する研究・顧問サービスを行っている株式会社リザーブリンクが運営しています。サービス業には欠かせない「予約」にフォーカスして科学的な視点で、幅広いコンテンツ作成を行っています。

予約ラボ

インタビュー形式で臨場感アップ

当該記事は、予約ラボの責任者が美容院店および焼肉店を経営しているオーナーに話を聞くインタビュー形式になっています。美容院、焼肉店と形態が異なるサービス業において、予約の状況や、ビジネスでの今後の展開について話を聞いています。

オーナーは、同じサービス業でも形態がちがうとニーズがかわるため、有効手段もそれぞれ異なると述べています。美容院では効果的なことも飲食店では通用しないことや、ネットと電話という手段のちがう予約方法で起きる効果やメリット、デメリットを紹介しています。

実際に現場を稼動させている店長の話は、臨場感にあふれ、インタビューによる生の声をそのまま掲載しているのもリアリティをアップさせています。

美容院、焼肉店とのちがいを提示しながらも、オーナーの根底にあるものは同じで、「心地よい体験の提供(UX・・・ユーザーエクスペンス)」ということ。それを軸に二つの店の改善点を見出し、戦略を立てています。

さりげないブランディング効果

当該記事では、運営元のリザーブリンクで行っているシステムについてはあからさまにはふれず、予約をめぐる現場の状況や問題点や打開策を述べるインタビュー形式に徹しているため、ユーザーは一般の記事のように読みすすめられます。

しかし、インタビューに登場しているオーナーはリザーブリンクの顧客であり、読み手はリザーブリンクの予約システムの概要を自然と把握することになります。現場の問題点を該当記事のようにヒアリングし、解決へ導くソリューションを提供している会社という認識を持たせ、企業のブランディングに成功しているといえます。

まとめ

  • インタビュー形式を取ることで、臨場感がアップし、よりリアルに現場の様子がわかり、参考にしやすい。
  • 自社システムやソリューション構築について、あからさまではない状態で読み手に伝えることができ、さりげないブランディングに成功している。