はじめに

WEBからの問い合わせを増やし、売上アップや営業の効率を上げたいと考える企業は近年増加しています。しかし、一言にWEBからの問い合わせを増やすと言ってもその方法はSEO対策、コンテンツの増加、WEB広告など選択肢は様々あります。

自身で全て手を動かして完結できればいいですが、途方もない労力が必要となりあまりにも無謀な戦略といえます。そこでよくある話が、各分野に特化した業者にWEBサイトの運用を依頼するケースです。最初はSEOのみ業者に任せていたが、WEBサイトリニューアルにともない運用を別の業者に依頼。その後コンテンツが足りないためにライターに執筆を依頼。気が付けばWEB周りを複数の業者が担っているという話は決して珍しい話ではありません。

情報社会といわれる現代にてWEBサイト経由の問い合わせは見込み客との接点を作る重要なポイントになります。より質の高い見込み客を得るためにも、自社のWEBサイトの運用を任せる各業者の業務分担を正しく理解することが大切です。

今回は、複数の業者にWEBサイトの運用を依頼しているものの、全くWEBサイトが機能していない、もしくはWEBサイトの効果が良く分からないといったケースを紐解き、解決策を提案していきます。

社長

社長

不動産会社Y社の社長。WEBサイトの重要性は理解していて集客用のサイトも立ち上げたが、成果が出ないのでテコ入れを検討している。
マーケ担当3

マーケ担当

Y社のWEBマーケティング担当者。担当になって日が浅いので、自社のWEBサイトについて状況を把握しきれていない。

Y社のケース

社長

この前、知り合いの経営者にWEB戦略についての話を聞いてね。そこの会社はテレアポから完全にPULL型の戦略に切り替えたらしいんだよ。最近入社したばかりで分からないこともあると思うが、当社のWEBサイトは現状どうなっているの?

マーケ担当3

現状ではWEBが機能しているとは言い難いですね。

社長

そうだよね。それは見ていても分かるんだけど、どこが悪いのだろうか。WEBサイトはかっこいいデザインにしているし、それなりに費用もかけていると思うんだけどね。

マーケ担当3

なるほど。恐縮ですが、私も担当になったばかりのため、現状把握はできていません。WEBサイトについては今まで社長が各々の業者に依頼してらっしゃいましたよね?

社長

そうだが。

マーケ担当3

私では分かりかねる部分があるので、いくつか確認をしたいのですが、現在何社にWEB周りのことを依頼していますか?

社長

さぁ、3~4社程度かな。あ、知り合いに依頼したものも含めると5社かな?

マーケ担当3

5社ですか!?では、SEOやコンテンツ制作など、業者の役割分担はどのようにしていますか?

社長

それが、3社目あたりからよく分からなくなってしまってね。付き合いでお願いしている業者もあるので、業者間で話し合って決めてくれているはずだけど。

マーケ担当3

そうですか。では、業者間の内容も不明では効果なども具体的に測定できていないのではないでしょうか?WEB上の効果測定は簡単そうに見えて意外と難しいので。

社長

効果は出ているんじゃないかな?毎月数字のレポートを送ってもらっているよ。少しずつ数字は伸びているので、効果としては伸びているんじゃないの?

マーケ担当3

いいえ。数字として伸びていても、それがなぜ伸びたのかを検証し、次月の施策として繋げていかなければWEBサイトの効果測定としては不十分なのです。

社長

え……。そうなの?毎月数字を見せてくれるから満足していたよ。

マーケ担当3

では、現状のWEBサイトが具体的に売り上げに繋がっていると思われますか?

社長

多分……繋がっていると思うけど。

マーケ担当3

いや、繋がっていません。WEBサイトはゴール設計をし、そのゴールに向けてあらゆる業務を行う必要があります。今のままだと効果は全く出ないでしょう。

複数の業者を使うと実態が見えにくくなる

WEBサイトからの問い合わせが増えずに悩んでいた社長ですが、担当者の質問には全く答えることができません。SEO会社や広告会社などを必要な範囲のみ個別に依頼していたため、自身でも何をどこまで依頼しているのか把握できなくなっていました。

また、最も重要な効果測定を行っていなかったのです。「さすがにうちはここまでひどくはない」と思われる方もいるでしょう。しかし、これは決して特殊な事例ではないのです。

WEBマーケティング成功の9割は業者選び

一言にWEBサイト運用と言っても、コンテンツ制作やSEO対策、ゴール設計など、行うべきことはたくさんあります。WEBサイトからの集客は、様々な条件が揃って初めて成功するものなのです。高額な費用をかけて業者に依頼しても、管理を怠ってしまえばただのWEB上での名刺になってしまいます。加えて複数の業者に依頼してしまうと業者間の連携が取れないため、業者の数だけ同じことを繰り返し伝えなければなりません。また、そのための定例会議や打ち合わせの数が多くなり、時間も手間もかかることになります。

まずは自社の課題を明確に洗い出した上で何が不足しており、何を補足する必要があるのかを見極めることが重要です。

近年では、企業の強みを洗い出すところから、SEO対策、コンテンツ作成までワンストップで行っている業者もあります。ワンストップサービスを受けるメリットとしては、様々な作業フローの棲み分けができることが挙げられます。また、業者との打ち合わせの回数も圧倒的に少なくなるため、時間的なコストの削減を行うことができます。もちろん、多数の業者を使用するよりも、実質的なコストの削減にも繋がります。

WEB担当者がうまく機能していない企業や、そもそもWEBの担当者がいない企業などは、ワンストップサービスを行う業者に一括して依頼することもひとつの選択肢です。まずは投入できる費用や、人件費などを含めて予算を組み、業者選定を正しく行うことが重要です。

まとめ

  • WEBマーケティングの複数業者への依頼は失敗の始まり
  • WEBマーケティングを成功させるには業者の選定が重要
  • 全てを任せられるワンストップサービスを行う業者がおすすめ