幻冬舎ウェブマのWebマーケティング情報ブログ

Webマーケティングの基礎や参考事例をわかりやすく解説・紹介しています。

2017年9月29日

コンテンツによるSEOの効果を予測する4つのステップ

従来のSEO対策といえば、何よりも外部リンクの強化が基本でした。しかしGoogleの評価基準の改定により、その時代は終焉を迎え、コンテンツによるSEO対策が盛り上がりを見せています。
コンテンツによるSEO対策をするうえで難しいのがその効果予測です。
今回は、コンテンツによるSEO対策の効果予測の方法をご紹介します。

コンテンツによるSEOの効果予測の流れ

SEO効果の予測は下記の流れで行っていきます。
それぞれについて詳しくみていきましょう。

1. ターゲットとするキーワードの検索ボリュームと検索順位を調査する
2. 順位別のクリック率を確認する
3. 検索ボリュームとクリック率から想定トラフィック増加数を算出する
4. 想定トラフィック増加数から想定増加コンバージョン数を算出する

1. ターゲットとするキーワードの検索ボリュームと検索順位を調査する

まずは、上位表示を狙いたいキーワードを選定します。キーワードの選定をするにあたって軸となるのは、キーワードの検索ボリュームです。ターゲットとするユーザーが検索するであろうキーワードがどの程度検索をされているのか(=ニーズのあるキーワードであるのか)を確認します。
また、自社サイトのキーワードの検索結果順位が現状何位なのかも確認する必要があります。
キーワードの選定と検索ボリューム、検索結果順位を確認するツールとして、以下のようなものがあります。

-Googleキーワードプランナー
https://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner
Googleの提供する無料ツールです。Googleアカウントさえあれば、誰でも無料で利用することができます。Google上での広告出稿を管理するGoogleAdwordsという広告管理ツールに実装されている機能です。
キーワードプランナーに任意のキーワードを入力することで、そのキーワードの月間平均検索ボリュームを確認することができます。

-goodkeyword
http://goodkeyword.net/
キーワードのサジェストを抽出してくれる無料ツールです。Google、Bing,Yahoo!、楽天などで、指定したキーワードと合わせて検索されやすいキーワードを抽出することができます。検索ボリュームは取得できません。
抽出したサジェストのうち、ターゲットのニーズに近いと想定されるものから順に検索ボリュームを確認し、コンテンツに生かしていくといいでしょう。

-共起語検索調査ツール
https://www.sakurasaku-labo.jp/tools/cooccur
デジタルマーケティング企業であるサクラサクグループが運営する、無料の共起語検索ツールです。特定のキーワードと組み合わせて使われやすい「共起語」と呼ばれる単語を抽出することができます。新たなキーワードを見つけることができるかもしれません。

-ランキングチェッカー
http://broadentry.com/rankingchecker/
http://broadentry.com/rankingchecker/
一度に5件という制限はありますが、キーワードの検索結果順位を無料で取得できるツールです。調査対象のサイトURLとキーワードを入力するとGoogle,Yahoo!、bingの検索結果順位が表示されます。

2. 順位別のクリック率を確認する

検索結果順位別のクリック率については、さまざまなデータがありますが、最新データであるCaphyon社の発表データ(2014年)を見てみましょう。※グーグルウェブマスターツールの検索クエリのデータをもとに掲載されたものです。

※最近の調査結果で、8、9位よりも10位のほうがクリック率が高まるというデータもあり、諸説あります。

このCTRに検索ボリュームを掛け合わせれば、検索流入数を算出することができます。設定したキーワードが10位に表示された場合を想定して算出することが多いようですが、検索結果順位が既に10位以内に表示されている場合は、順位がひとつランクアップした場合のクリック率をもとに算出するなどしてシュミレーションするようにしましょう。

3. 検索ボリュームとクリック率から想定トラフィック増加数を算出する

キーワードの検索ボリュームとクリック率が算出できたら、トラフィック増加数を算出してみましょう。算出式は下記のとおりです。

検索回数 × クリック率 =想定トラフィック増加数

たとえば、現状の検索ボリュームが3000回、検索結果順位が10位以下のキーワードをSEO対策により10位に引き上げた場合のトラフィック増加数は、下記のように算出できます。

3000 × 0.0373 = 111.9

通常はひとつのキーワードで算出するのではなく、サジェストキーワードも含めて算出することが多いようです。(例:「ダイエットサプリ」→「ダイエットサプリ 効果」、「ダイエットサプリ 比較」など)

4. 想定トラフィック増加数から想定増加コンバージョン数を算出する

トラフィックの増加数だけではなく、コンバージョンの想定増加数も算出しましょう。通常、1%程度で算出されることが多いようですが、運営しているウェブサイトのコンバージョン率からシミュレーションするとリアルなデータが算出できるでしょう。算出式は下記の通りです。

想定増加トラフィック数 × コンバージョン率 =想定増加コンバージョン数例えば、想定トラフィック検索ボリュームが1000回、コンバージョン率を1%に設定した場合のコンバージョン増加数は下記のように算出します。
1000 × 0.01 = 10

最後に

いかがでしたでしょうか。上記を参照してSEOの効果を確認していただければと思いますが、ご自身では難しい場合や算出している時間がないという場合は、ぜひ幻冬舎ウェブマにご相談ください。

ブログトップへ戻る