幻冬舎ウェブマのWebマーケティング情報ブログ

Webマーケティングの基礎や参考事例をわかりやすく解説・紹介しています。

コンテンツマーケティングを成功に導く エディトリアルカレンダー作成マニュアル

コンテンツマーケティングをはじめ、継続的にコンテンツを運用していく中で問題になりやすいのがコンテンツ管理です。
社内で複数の部門・メンバーが関与している場合や、ライターが複数いる場合、誰がどのコンテンツをいつまでにつくるのか、その上で不足しているテーマは何なのか、あるいは、先々の計画など、その全体像を把握するのは困難でしょう。
そんなとき、コンテンツ企画とスケジュールの管理に役立てたいのが「エディトリアルカレンダー」です。
今回は、エディトリアルカレンダーの基本的な役割から、コンテンツ計画の立て方、無料で活用できる便利なフォーマットまでをまとめてご紹介します。

エディトリアルカレンダーとは

エディトリアルカレンダーとは、予定管理に使われているツールのことで、以前から出版社で利用されていました。出版社においては、毎月発行される雑誌の特集記事の企画や制作を管理するツールでした。最近では出版社のみでなく、メディア、 ブログなど幅広い媒体でエディトリアルカレンダーをベースに管理している会社も増え、Webサイトのほか、メールマガジンやSNSの投稿管理など、広くコンテンツの管理に活用されています。
エディトリアルカレンダーは、特定のフォーマットがあるものではありません。エクセルやなどを使って自社に必要な確認項目を記載して管理すればいいので、各社・各メディアによってその形式は異なります。

エディトリアルカレンダー導入の目的

コンテンツ計画をこのカレンダーに落とし込むことで、進捗や今後作成するコンテンツの全体像を把握することができます。ページ数が増えるほど難しくなってくるコンテンツの管理がスムーズになるのはもちろんのこと、作成したスケジュールを共有することで、社員のほか外注スタッフとの進捗確認も大幅に効率化できます。

コンテンツマーケティングの目的はさまざまですが、企業のコーポレートサイトだけでは表現できないブランドメッセージを伝える、見込み客とのコミュニケーションを推進する、あるいは中長期的な見込み客を育成するなど、複数の目的を抱えて運用されるケースが多々あります。そのような中、企業の狙い、ユーザーニーズだけでなく、季節性やトレンドの変化もカバーしながら長期的に運用することは簡単ではありません。立ち上げ以降一定期間は難なくコンテンツ企画ができていたとしても、次第に方向性のズレやビジネスとのズレ、コンテンツのネタ切れ、担当者の工数不足などの問題に直面することになります。
公開後やがて直面するこれらの問題に対処するために有効なツールが、エディトリアルカレンダーなのです。

エディトリアルカレンダー導入のメリット

エディトリアルカレンダー導入によって得られるメリットをまとめると、以下のとおりで
す。

・業界繁忙期や季節的なニーズを計画的に捉えることができるようになる
・テーマの重複、偏りを防ぐことができる
・関係メンバーとの進捗共有、確認、修正タスクを効率化できる
・コンテンツのネタ切れの懸念を早期にキャッチし、対策を講じることができる
・サイト、メディアの方向性のズレを確認できる
・不足するテーマを可視化できる
・各コンテンツの成果もあわせて記録することで、KPIの設定/計測ができる
・コンテンツ量とコストのバランス(費用対効果)を可視化できる

コンテンツマーケティングを継続していけばそれだけ新たな課題に直面します。サイト立ち上げ直後でそもそも誰にも閲覧されていないフェーズと、一定数のファンと新規ユーザーが混在するフェーズでは、つくるべきコンテンツのテーマ・ペースが異なります。

また、トレンドの変化にも対応していかなくてはいけませんし、収益についてもバランスを見なくてはいけません。各フェーズで戦略を練って進めたとしても、これらの変化に応じて対応するには、コンテンツ全体を俯瞰してみることと、定期的な振り返りが必須となります。それを可能にするために、後々の活用をイメージしながらエディトリアルカレンダーの管理項目を設計する必要があります。

カレンダーで管理する項目

エディトリアルカレンダーで管理する項目は、以下の通りです。

≪企画関連項目≫
テーマ・タグ・カテゴリー・SEOキーワード・構成・リサーチ結果など
≪スケジュール関連項目≫
企画・執筆・初稿・校正・公開・SNS投稿など
≪季節要因の備忘録≫
主要イベント(一般)・業界イベント・自社のサービス展開・季節性のあるニーズなど
≪成果・コスト関連項目≫
V、CV貢献数、平均滞在時間、平均直帰率、制作外注費、制作時間など

無料でダウンロードできるエディトリアルカレンダー紹介

「イチからエディトリアルカレンダーのフォーマットを作成するのは手間がかかる」――そう感じた方のために、無料でダウンロードが可能なフォーマットをご紹介します。

-ベーシックなタイプ
https://innova-jp.com/library/editorial- calendar/
コンテンツマーケティング事業を展開する株式会社イノーバの無料カレンダーです。
季節要因や自社イベントと連動した年間計画をつくるカレンダーと、月間のテーマ、スケジュールを細かく管理するカレンダーの2パターンが用意されています。
年間エディトリアルカレンダーで長期的な計画を管理し、月間エディトリアルカレンダーで各コンテンツ制作スケジュールを「企画」「リサーチ」「初稿」「2稿」「校正」「公開」など細かく管理できるほか、公開後の結果も残すことができます。

http://econte.co.jp/resource/ec/
コンテンツマーケティング会社の株式会社エコンテが無料で配布しているエディトリアルカレンダーです。
2017年4月〜2018年4月までの1年分を管理できます。デフォルトで設定されている項目は先に紹介したものと似ていますが、毎日のトピックや話題、記念日が全て入力されているため、BtoCのイベント企画の際に便利です。

-SNS向き
http://www.comnico.jp/content-calendar
ソーシャルメディアマーケティングエージェンシーの株式会社コムニコが配布しているカレンダーです。
Twitter、FacebookなどSNSの投稿企画や投稿への反響についてのコメントを残していくのに適したフォーマットとなっています。

-BtoB企業向き
https://www.imagica-imageworks.co.jp/blog/2016/01/btob- contents.html
Web担当者向けに情報を解説するブログ「Getting Better」が配布している、 BtoB企業向けのコンテンツカレンダーテンプレートです。
BtoCとは違いシーズンイベントがないBtoBビジネス領域のコンテンツマーケティングに即した形で、「社会・時事」「業界・業種」「特定顧客・自社」などをベースとして分類ができるようになっています。

季節要因部分の考え方

ユーザーとのコミュニケーションを目的としたサイトにおいて、コンテンツの年間計画を考える場合は、季節要因の把握も重要です。衣食住、ビジネスなど、その時期にあったテーマを適切なタイミングで公開・配信していくために、以下の情報を確認して計画を立てましょう。

・Yahoo!販促カレンダー
・展示会や毎年の大きなイベント
・業界の繁忙期
・Googleトレンド/キーワードプランナー

-販促カレンダー
販促カレンダーは企業のマーケティング担当者がねらい目とすべきイベントやキーワードを抽出し、年間の一般消費活動としてまとめたカレンダーです。検索連動型広告を提供するYahoo!のほか、広告を扱う各社が提供しています。
多くは無料で公開されていますので、確認するようにしましょう。

Yahoo!公式ラーニングポータル 販促カレンダー
https://promotionalads.yahoo.co.jp/online/pdf_calendar.html
朝日オリコミ 販促カレンダー
http://www.asaori.co.jp/sales/orikomi/calendar
読売IS 販促カレンダー
http://www.yomiuri-is.co.jp/news_release/calendar/

-展示会や毎年の大きなイベント
特にBtoBのマーケティングでは、展示会は短期間で多くのセールスリードを獲得できる重要な取り組みとなります。毎年繰り返し開催される大きな展示会の時期は、ある程度決まっています。その前後はターゲットユーザーの関心が高まることが想定されますので、関連コンテンツを配信する計画を立てましょう。すべて網羅できているわけではありませんが、下記サイトより、一般的な展示会情報を確認することができます。

一般社団法人 日本展示会協会
http://www.nittenkyo.ne.jp/

-業界の繁忙期
自社が身を置く業界やターゲット企業が属する業界の繁忙期をできるだけ正確に把握する必要があります。繁忙期にはユーザー側の検索・情報収集ニーズが高まるだけでなく、競合企業の施策も広告出稿など活発になることが予想されます。それらを踏まえてその時期に自社はどうするのか計画を立てるため、繁忙期と閑散期について把握しましょう。

カルテットコミュニケーションズ 業界別繁忙期の一覧
https://quartet-communications.com/info/listing/column/30088

-Googleトレンド、キーワードプランナー
Googleトレンドは、ある単語がGoogleでどれだけ検索されているかというトレンドをグラフで見ることができるツールです。具体的な検索回数を知るというより、過去10年間の推移や、年間のシーズナリティを把握することができます。同じくGoogleの提供するキーワードプランナーは、検索連動型広告の出稿をサポートするものですが、月間の検索回数の目安や関連キーワードを短時間で抽出することが可能です。

Googleトレンド
https://trends.google.co.jp/trends/
Googleキーワードプランナー
https://adwords.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

まとめ

中長期的なコンテンツマーケティングのために必要となるエディトリアルカレンダーについてご紹介しました。無料で活用できるフォーマットも記載しましたが、運用方法やスタイルはそれぞれの運用の目的に合わせたカスタマイズが必要です。
効果測定やコスト管理まで含めた形などがありますが、サイト運用フェーズや目的次第では必要ない項目もあるかもしれません。項目を選定する際は、現状解決すべき課題と将来的に発生する可能性が高い問題についての議論をしておくことも重要です。

その上で、コンテンツのネタ切れや重複を防ぐ、あるいは全体感を把握して次の企画を考えるなど関係メンバーの役割を明確にし、活用していきましょう。

ブログトップへ戻る