幻冬舎ウェブマのWebマーケティング情報ブログ

Webマーケティングの基礎や参考事例をわかりやすく解説・紹介しています。

ライティング に関連する記事

2017年9月22日

AIライターの進出に備えて人間ライターが半年に1回読み返す心得5つ

高い学習能力を持ち、人間に近い知性を獲得しようとする人工知能(=AI)が連日ニュースをにぎわせ、どの業界でもAIの導入や、AIを活用したビジネスについて議論が進められています。
実際、AIの導入を開始している企業もあります。

 

ユニクロが顧客に向けて商品を提案するコンシェルジュサービス “UNIQLO IQ”導入したり、米・マイクロソフト社が人工知能専門研究ラボ「Microsoft Research AI(MSR AI)」の設立を発表したりするなど、世間の注目を集めています。
多くの職業がいずれAIにとって代わられるのではと予想される中、ライティング業務においてもAIが進出し始めています。
2016年のリオデジャネイロ五輪はで、米・ワシントンポスト社がAI記者を投入して短い文章作成にあたらせ、人間との分業を図りました。国内では、Webニュースサイト・BITAデジマラボがライティングツール・Articooloをロボット記者として採用。また電通ではAIコピーライター「AICO」を開発して、実際に2万個のコピーを作成させました。
そのような状況の中、自分の仕事がいつかAIに奪われるのではと不安をおぼえるライターも多いでしょう。
ですが、ライターにとって考えるべきは、対AIではなく、対人間で、競うべきはいつも人間だという認識が必要ではないかと思います。

 

優秀なライターを思い浮かべたときに、彼らがAIにとって代わられるような未来は考えにくいのです。それはライティングスキルとはまた違う、総合的なものを含めてライターという職業が成り立っているからであると確信しています。
人間ライターとして、半年に一回程度、自身に問いかけたほうがいいことを下記に挙げます。自身の書いた記事やライターのあり方について考えるきっかけになれば幸いです。

この記事を読む

2017年7月19日

SNS“見る専門”ユーザーを取り込め!クリックさせる記事タイトル5

インターネットには、日々膨大な量の記事がアップされ、読まれるときを待っています。PR会社のトレンダーズ株式会社は、情報発信に抵抗があり、SNSを情報収集目的で活用する女性たちを「SNS“見る専”クラスタ」と命名し、20~30 代女性1000 名を対象にその実態について調査を実施しました。
すると、Twitterで46%、Facebookで77%、Instagramで52%が「SNS“見る専”クラスタ」だということが判明しました。彼女らは、タイムラインに流れる情報を閲覧するだけにSNSを使っているのです。近年、TwitterなどのSNSで大きく話題になった記事は、Web上で記事化された際のクリック率が高いことがわかっています。
つまり、SNSユーザーにクリックされる記事は、Web記事として優秀だといえるのです。それでは、「SNS“見る専”クラスタ」にクリックさせる記事を制作するにはどうすればいいのでしょうか。
今回は、記事タイトルの観点から考えてみましょう。クリックさせる記事タイトルのポイントとして、以下の5つのポイントをそれぞれ解説します。

 

1. 見出しの冒頭に引き付ける言葉を配置しよう
2.派手な言葉で議論を呼ぼう
3.一部の情報を隠して想像をかきたてよう
4.ネットユーザーの言葉で話題性とライブ感を演出しよう
5.数字でまとめてみよう

 

それぞれ説明していきましょう。

この記事を読む